1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

どこに買取ってもらったらいいのかわからない方のために買取業者も紹介しますので最後までどうぞ。

穴銭・絵銭

寛永通宝は数ある古銭の中でも知名度の高い有名な古銭で、江戸時代に流通しコレクターが多く所有している古銭です。買取相場という点においては流通数も膨大であったことからプレミアの付く寛永通宝は少ないといえるでしょう。
ただし、寛永3年に流通したものは買取相場が高いことや、寛永通宝の発行年代は書体で判別されるため非常に価値の見極めが難しい種類といえます。
寛永通宝の発行年代は書体で判別されるため非常に価値の見極めが難しい種類といえます。

古紙幣

古銭買取においては貨幣だけでなく紙幣もコレクター需要があり、集めている方も多い種類です。
紙幣の中で買取市場に出回る種類は板垣退助の100円札・岩倉具視500円札といった紙幣が有名で、買取相場という点においては、「ぞろ目」「続き番号」「印刷ミス」という特徴があれば高値が期待できるでしょう。

古金銀

江戸時代に鋳造され流通していた金製の通貨、一分金・二分金は、1分金=1/4両小判という価値があり、今の貨幣価値で一分金を換算すると、15,000円位になります。
形状が長方形の一分金は、ちょうど小判の1/4の重さになるよう鋳造されていました。
次に、二分金は一分金と比べると、補助的な通貨としての役割だったと考えられており、金の含有量も一分金より低くなっています。

大判・小判

大判(おおばん)とは、広義には16世紀以降の日本において生産された延金(のしきん/のべきん:槌やローラで薄く広げた金塊)の内、楕円形で大型のものをいう。小判が単に「金」と呼ばれるのに対し大判は特に「黄金」と呼ばれ、大判金(おおばんきん)ともいう[1]。

記念コイン

記念貨幣(きねんかへい)とは、世界各国で国家的な出来事を記念して発行される貨幣であるが、特に出来事を記念しなくても、シリーズ貨幣として文化遺産や野生動物等を主題とするものもある。多くが硬貨だが、紙幣で発行される場合もある。記念通貨(きねんつうか)ともいい、特に硬貨の場合は記念硬貨、記念コイン、紙幣の場合は記念紙幣ともいう。

海外・外国硬貨

『海外コイン』はその名通り、日本以外の国で発行された硬貨のことです。カナダの造幣局が発行している海外コインは信頼度が高く、世界的に人気です。
オーストリアが発行しているコインは数万円の買取相場となっていますが、イギリスのヴィクトリア女王を描いたコインは、数十万円で取引されています。

おすすめの買取り業者

全国のお客様からご好評いただき月間問合せ数20,000件(※2018年実績)もの問い合わせをいただくまでに成長しました。その結果、口コミの広がりとリピーターの増加により、最小限の宣伝費で総取引量を増やすことに成功しました。その結果、一件あたりの買取額を高く設定することが可能となりました。

1