それを耳にした渡が、「おい、ショーケンを呼んでこい。ぶっ飛ばしてやる」と大声で指示した。

ところが、石原プロのマネジャーが食堂の反対側のドアから顔を出すと、そこで立ち聞きしていたショーケンがもの凄い勢いで走りだし、撮影所から脱走してしまったという。

出典ショーケンに渡哲也が激怒した“東映京都撮影所騒動”の顛末|日刊ゲンダイDIGITAL

前へ 次へ