出典 kurumisawaさんがアップロード

生徒募集に苦労する下位校~底辺校の適性検査入試に引っかからない

都立中高一貫校に関するウェブサイトや雑誌を見ると、必ず「適性検査型の私立中学も併願しよう」という誘導がなされています。実はこれ、私立中学側の宣伝広告で、それを知らないと騙されてしまいます。

2019年現在、適性検査入試を実施する私立中学は全て、偏差値下位~底辺校。上位校でこの入試を実施する学校は1校としてありません。私立中の適性検査入試は、ほぼ全員が合格しており、生徒の集まらない不人気校が、学費を6年間払い続けてくれる家庭を探す手段に過ぎません。

適性検査型の勉強に特化するならば、都立中高一貫校の受検に専念し、ダメなら高校受験に切り替えが得策です。

この情報が含まれているまとめはこちら

都立中高一貫校の大学進学実績2019年度一覧【小石川が凄すぎる】

都立中高一貫校の2019年度の最新の大学進学実績をまとめました。小石川、武蔵、両国、桜修館、白鴎、大泉、富士、立川国際、三鷹、南多摩、区立九段

このまとめを見る