1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

この記事は私がまとめました

■ストレス社会

現代社会はストレス社会と言われますが、確かに昔と比べてメンタル疾患に悩まされる人が増えているようです。

他の人ならちょっと我慢して歯を食いしばって乗り越えていくことでも、簡単に心理が折れてしまって諦めてしまったり。

■では、どうすればメンタルを強くすることが出来るのでしょうか?

どうやったら強いメンタルに鍛えられるのか、一度は気になった事があるのではないでしょうか?

例えば大勢の人の前で発表しなければいけないという時などに、メンタルが強いといいのにと感じることがあるようです。

今回は、メンタルを強くするための方法や考え方などを解説していきます。明日を変えるヒントを見つけてみませんか?

■他人と比較しない

ライバルに対して競争心を持つことは良いことだと思います。しかし、他人と比較して落ち込むのであれば、比べても意味がないですよね。

長所も短所も、好きなところもキライなところも、得意なこともダメなことも、頭の先から爪先まで、まるごと受け入れるのです。

■フィジカルを鍛える

メンタルとフィジカルには相互関係があります。そのため、メンタルを鍛えるためには、フィジカル面を鍛えることも、推奨される方法です。

体を鍛える際は「有酸素運動」と「筋トレ」をバランスよく心がけましょう。有酸素運動で体力や持久力を養いつつ、筋トレで筋肉量を増やします。運動することでストレスも発散できます。

また、スポーツをすることで、仕事などでも最後までやり抜くメンタルの強さを身につけることができることがあります。

■失敗を恐れない

失敗からの切り替えもメンタルを強くするために必要です。失敗をひきずっていると、マイナス思考が抜け出せなくなってしまい、思考の癖がついてしまいます。

メンタル面での強さを持つ人は、失敗してしまったことをくよくよ考えるより、成功に至るために次にどんなことをしないといけないのかということに思いを向けられます。

また、立ち上がる前には上手なストレス発散方法も知っていて、大声を出せるカラオケやたくさん泣ける映画を見るなど、行動もポジティブです。

■感情をコントロールする

自分の感情と向き合うのは結構ですが、それが瞬時の判断力を鈍らせることもあります。

ネガティブな思考になるときには、必ず感情が動いてしまっています。「もうダメだ」「怖い」など、マイナスの感情を持っているから悲観的となってしまうわけですね。

なので、客観的にとらえられるようになって、感情のコントロールをできるようにしましょう。

1 2