気象予報士試験は8月と翌年1月の日曜日に一年度2回行われている。法律では年1回以上と定められているが、2017年(平成29年)現在、一年度2回が通例となっている。合格率は第1~4回頃まで現業の受験者が多かったことから高めに推移した(過去最高は第1回の18.0%)。その後は4~6%台で推移し、平均の合格率は約5%である。2012年8月の第38回(通回)試験において沖縄会場で実施予定の試験が台風15号の影響で同試験史上初の延期となった。

出典気象予報士 - Wikipedia

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

このまとめを見る