1. まとめトップ

【練馬区】脳疲労に着眼したゴッドハンドの異名を持つ口コミ抜群の東京の整体についてまとめてみた

最近疲れやすい、体の不調が続くという方はいらっしゃいませんか?もしかしたら脳が疲れているのかもしれません。東京にゴッドハンドの異名を持つ整体師がいます!病院に行ってもなかなか体調が回復しなかったという方はぜひチェックしてみてくださいね!

更新日: 2019年04月11日

2 お気に入り 16113 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

病院に行っても薬を飲んでも体の不調がなかなか改善されないという方必見の整体についてまとめてみました!

e-rankingさん

●脳疲労とは?

脳疲労とは、簡単に一言でいえば・・「脳が疲れた状態」のことを指します。

筋肉を使いすぎると筋肉疲労が起こって筋肉が動かなくなるように、脳も使いすぎると「脳疲労」を起こし、正常に機能しなくなるのです。

●脳活性療法を受けているアスリートがいる

●脳疲労に着目した整体とは?

一般社団法人セロトニン活性療法協会代表理事の滝本裕之先生が開発された、脳活性療法を施術に取り入れた整体。これは、東邦大学医学部の教授と共同開発した、脳波を手技によってα2(アルファツー)という脳波に変える、という技なんだとか。

α2とは、スポーツ選手がゾーンと呼ばれる、リラックスして集中した状態になっている脳波のこと。

●『原因を見つけ、あなたの治る力を引き出す整体』のキャッチフレーズのもと、ゴッドハンドの異名を持つ高久尚登先生

技術だけではなく、心と体の関係も18年ほど研究している。

プロの整体の先生たちが学ぶ場を主催して、講師活動もしている。

今回取材した結果、高久尚登先生曰く「誰でも心が病む場合があります。酷くならないうちに、手を打つため、脳活性療法を取り入れた」とのこと。

夕方から朝にかけては副交感神経というリラックスした神経になるべきですが、夜テレビやスマホ、パソコンの強い光を浴びて、副交感神経の切り替えがうまくいかない方がほとんどです。

交感神経という「やるぞ!」「頑張るぞ!」の興奮させる神経がそのままでいる状態です。神経が休まずに疲れ切っている状態です。

・ちょっとしたことでイラッとくる。
・とても疲れているけど眠れない。
・目をつむっても眠れない。
・夜中にハッと目が覚める。
・息苦しい。
・便秘になりやすい。
・下痢をしやすい。
・いつも疲れている。

という状態だと、昔から伝わっている整体の技が薄くなってしまう。

それで、最初に、脳活性療法を入れることにしたのだとか。

●ゴッドハンドの異名をもつこの治療院は口コミもすごい!

治療室高久に来てよかったと思うのは、腰痛の思いもよらない原因がわかったことです。
他の整体院や整形外科でも治らなかった腰痛が、1ヶ月で劇的に良くなり、楽しみにしていた旅行にも行けました。

首を痛めて、外科やマッサージなどでは全然よくならず、かえって痛めてしまい、6年前に初めて先生のところに伺いました。
藁にもすがる思いでした。魔法でも使ったのかと思うほど本当に治りました。

今まで色々な治療院へ通ってましたが、なかなか回復することがなく、体がずっと重い生活をしてました。今日はたった一度の施術なのに、重さが軽減出来てました。通いたいと思います!

1 2