1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

いよいよ終盤…欧州4大リーグの「現状」をまとめてみた

チャンピオントロフィーを掲げるのはどのチームか?今後の戦いから目が離せないですね。

更新日: 2019年04月08日

11 お気に入り 27090 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼性の高い報道と皆さんのツイートを基に作成しました。

manuronaldさん

■欧州リーグもいよいよ終盤戦に突入

優勝争いのほか、CL出場権争いや残留争いなど、白熱した戦いが繰り広げられている。

■4大リーグの現状を見てみよう

セリエA (31節終了時点)

首位を独走中のユベントスは、6日のミラン戦でも2-1の勝利を収め、2位ナポリとの勝ち点差は20ポイントに。

この結果、13日に行われる第32節・SPAL戦に引き分け以上で、欧州5大リーグ新記録となるリーグ8連覇が決定する。

3位以降は大混戦となっており、3位インテルから7位ローマの勝ち点差はわずか「6」。

現時点ではインテルが一歩抜け出しているが、残り7試合でユベントス、ローマ、ナポリとの試合を控えており、まだまだ分からない。

なかでも、1995-96シーズンから何度も降格の危機を迎えながら踏みとどまってきたウディネーゼが生き残れるか注目が集まる。

ラ・リーガ (31節終了時点)

この結果、7試合を残して両チームの勝ち点差は「11」に広がり、リーグ2連覇へ最後の直線に入った。

1位から4位がCL、5位と6位がEL出場権獲得だが、毎節ごとに順位が入れ替わってもおかしくない状況となっている。

ビジャレアルはUEFAヨーロッパリーグで準々決勝に進出しており、過密日程のなか厳しい戦いを行わなければならない。

ブンデスリーガ (28節終了時点)

2位バイエルンが、レヴァンドフスキの2ゴールなどで首位ドルトムントを5-0で粉砕し、残り6試合で首位に浮上。

数字上では5位ボルシアMGまで優勝の可能性を残しているが、勝ち点64のバイエルン、同63のドルトムントにほぼ絞られた。

1 2