そのため、明治期以降、栄一は銀行をはじめとする会社の設立・育成、民間外交や教育・福祉などの社会公共事業など近代経済社会を築く様々な活動をしていくなかで、彼らを登用したり、協力・連携をしました。

出典渋沢栄一と旧幕府関係者たち|収蔵品展|企画展示|渋沢史料館|公益財団法人 渋沢栄一記念財団

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

新一万円札に渋沢栄一が採用へ…実は、とてつもない偉業をなした人物だった!!

1984年以来の1万円札が刷新されることが決定しました。なんと選ばれたのは、渋沢栄一で、5000円が津田梅子、1000円が北里柴三郎です。案外渋沢栄一は知られていないかもしれませんが、実は日本経済を大きく発展させたすごい人物だったのです。あなたの知っている会社はほとんど彼が関わっているのです。

このまとめを見る