栄一は27歳の時、15代将軍となった徳川慶喜の実弟・後の水戸藩主、徳川昭武に随行しパリの万国博覧会を見学するほか欧州諸国の実情を見聞し、先進諸国の社会の内情に広く通ずることができました。

出典渋沢栄一略歴|渋沢栄一|公益財団法人 渋沢栄一記念財団

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

新一万円札に渋沢栄一が採用へ…実は、とてつもない偉業をなした人物だった!!

1984年以来の1万円札が刷新されることが決定しました。なんと選ばれたのは、渋沢栄一で、5000円が津田梅子、1000円が北里柴三郎です。案外渋沢栄一は知られていないかもしれませんが、実は日本経済を大きく発展させたすごい人物だったのです。あなたの知っている会社はほとんど彼が関わっているのです。

このまとめを見る