1. まとめトップ
  2. 雑学

この記事は私がまとめました

uwajimanさん

今すぐやめよう!老ける人の悪習慣

仕事が忙しい友達に久しぶりに会ったときに「ちょっと会わないうちに何だか老けたなぁ」と思った経験、ありませんか?

実は普段のちょっとした生活習慣の悪習慣が若さを左右していることがあるんです。

1.24時を過ぎてからの就寝

近年よく耳にする「睡眠負債」というキーワード。原因をきちんと知って対策を講じている人は少ないはず。

睡眠不足の時、顔に現れる症状として、目の下にクマができる、まぶたが下がる、ほうれい線が濃くなる、水分不足による乾燥でしわが深くなる、顔色が悪くなる…などがあげられますが、これって全て老化現象に当てはまりますよね?

よく、「お肌のゴールデンタイム」という言葉を耳にしますが、このゴールデンタイムに睡眠を取ることが若々しい美肌を保つためにはとても大切です。

ゴールデンタイムは、一般的に夜の10時から夜中の2時ごろまでと言われていますがこの時間に肌の再生機能を促す成長ホルモンが分泌されやすいと考えられているそうです。

2.スマホの使いすぎには要注意

1日中スマホのことが気になって、常に持っていないと不安になってしまう「スマホ中毒者」が急増中とか。

そんな中、スマホ中毒者がかかりやすい老けサインがあることが明らかに!!その老けサインとは「スマホたるみ」というもの。携帯・スマホの利用によって肌をたるませ、魅力をも下げてしまう恐ろし~い症状なんだとか。

アンケートによると、美容にも悪影響を与える「ストレスを感じている女性」は9割近く、そのうち約4割の人が「毎日ストレスを感じている」と回答していることが判明。

スマートフォンやパソコンから発せられるブルーライトが、疲れ目や睡眠障害の原因となることは広く知られていますが近年、肌にも影響を与えるという研究結果が化粧品会社などから発表されています。

3.食生活が「ジャンクフード」ばかり

「紫外線や洗顔」など「皮膚」に対しての対策も大切ですが、「老化を早めてしまう食べ物」をとらないことも大切なことです。

老化を早める食べ物の筆頭は、ハンバーガーなどのファストフード、スナック菓子やカップ麺などの「ジャンクフード」です。

ジャンクフードの特徴は、ビタミン・ミネラルが不足していて栄養バランスが悪いことと、酸化した油が使われている可能性が高いことです。

4.たばこを吸う

その原因は、たばこによって体内の活性化酸素が増えると身体が酸化し、コラーゲンの生成量が減ることや、ビタミンCが破壊されることなどと言われています。

1 2