1. まとめトップ

軍隊用の車から大いに発展して今でも世界中に浸透しているJeepの歴史を振り返る

フィアット・クライスラー・オートモービルズが生み出したブランド・Jeep(ジープ)は、4輪駆動が当たり前で、高い耐久性と悪路でも楽々走れることが最大の特徴である。

更新日: 2019年04月09日

3 お気に入り 1704 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

その歴史は第2次世界大戦中から始まって、連合国軍の軍用車両として使われ大きな成果を挙げたことで徐々に認知されるようになり、戦争が終わった後は一般の人向けのクロスカントリー乗用車となった。

cobbyjpさん

世界中で有名なクロスカントリー4WDと言えば、何と言ってもJeepが当てはまる

1941年、米軍兵士をサポートするために生まれたJeep®。この時、その歴史は始まりました。 その後、Jeep®は「どこへでも行ける。何でもできる。」スピリットを胸に、 各方面で革新的なモデルを送り出し、4×4カテゴリーのトップブランドとして走り始めたのです。

数年ぶりにグラセフ買ったら止まらなくなってしまった 車増えすぎててめちゃ迷ったけど、比較的手頃な値段のコイツをいじくり倒してしまいました クラシック風だけど古すぎない、全体的なバランスのよさに惚れました。中身もフルチューンへ... Jeep大好きな俺の手掛けたカマチョどうですかね?! pic.twitter.com/2PvxeJMD91

戦場で命がけの戦いをしていたアメリカ軍兵士を手助けするために、Jeepが誕生した

第2次世界大戦の真っ只中だった1940年に、アメリカ陸軍の要請によってJeepが開発された。その時はまだ小型四輪駆動車・WILLYS QUADだったが、強靭な耐久性を持ちどんな悪路でも優れた走行性能を発揮できるので軍事戦略にものすごく役立った。最初から高性能だったのであっという間に世界中に知られ、軍隊だけではなく民間人にも幅広く親しまれた。

明日で恵庭の仕事終わるぜええええ!! 頑張ったなー解放される。 昼までに終わらせて帰れる!やべやべやべ、遊ぶか昼寝するかどしよか 帰りに三菱モノホン初代Jeep発見や pic.twitter.com/OZVZCHslbh

最初から粗い道でも楽々進めるように、独自のたくましさと力強さを持っていた

「どこへでも行ける、何でもできる」というJeepの方針は、長い間受け継がれている。その言葉に反映するように各方面で革新的な車を作り、シンプルなラダーフレーム、サイドバルブ水冷直列4気筒エンジン、単純堅牢な構造を採用した。もちろん一切の妥協は許されず、戦争が終わるまでは兵士たちの心強い味方となり、荒れた道だけではなく砂漠、雪道も突き進むことができた。

TODAY IN WYO HIST: 1940-Jeep CJ2 4x4 entered production. Revolutionized access to Wyoming back-country. #SupportWyo pic.twitter.com/93PvlKrok9

熱い精神をそのまま受け継ぎつつ、優れた技術を取り入れた車へと進展した

1950年代には民間に馴染むような普通の車両の需要が高まったので、Jeepはそれに応えられるように優れた開発技術を編み出してボディに丸みを持たせた車を開発した。さらに今までは屋根のないオープンカーのような形状がほとんどだったが、幌の屋根を付けて雨をしのげるようになったのもJeepの進歩と言える。

こんなに天気がいい日は、久しぶりにオープンにしてやるぜ〜‼️ 運転席と助手席の上だけでも十分すぎる開放感✨ Jeep最高‼️ #Jeep #jk pic.twitter.com/l2fcXGozff

さらなる洗練と革新を追い求めた車が続々と登場して、よりJeepの地位を確立した

技術の発展は留まることなくますます追求され、ついにそれぞれ異なる個性を持つ車が誕生した。まずはリムジンのように長くステーションワゴンの役割を果たしたJEEP WAGONEER、続いては荷物を運ぶのにありがたいピックアップトラック・JEEP GLADIATOR、セダン車の要素もある洗練されたワゴン・JEEP SUPER WAGONEER、初代のJeepを若者向けのオープンカーに整えたJEEPSTER COMMANDO CONVERTIBLE、JEEPSTER COMMANDO ROADSTERなどが登場して、あらゆる道路を彩ったとCOBBY。

ジープ グラディエーター、コンセプトカー発表へ…1980年代のピックアップトラックを再現 response.jp/article/2019/0… #ジープ #jeep pic.twitter.com/B0o2zQfSZR

ジープのトラック、グラディエーターで笑顔になれる理由…ロサンゼルスモーターショー2018 response.jp/article/2018/1… #ジープ #jeep pic.twitter.com/dmVsivTSos

【ヒストリカル・ジープ】1967 Jeepster Commando Convertible ソフトトップはソフトトップでも、コンバーチブルタイプのJeep® 。 pic.twitter.com/42EindMlZr

初めてのフルタイム4×4システムを導入して、販売台数も過去最高を更新した

あれだけ人に馴染みやすい車を提供したJeepは、70年代にさらなる発展を目指して史上初のフルタイム4×4を採用した。そこからJeepの車は4WDが当たり前という常識になり、その上ボディもよりスポーティーになったので、数々の4WD オブ・ザ・イヤーを受賞できた。特に6モデルの販売は軌道に乗っていたので、売り上げも今までの中で最高を記録した。

Happy Saturday! Let's kick it off with a fun question: which would you rather drive? This older #Jeep CJ4 Golden Eagle (left) or a newer 2018 Jeep Wrangler Unlimited Golden Eagle? #poll #goldeneagle pic.twitter.com/LiK8z9oF4P

現在でも求められているSUVの要素を導入して、よりJeepらしい車を作り上げた

80年代になると、Cherokee XJが突入して4×4市場に革命を巻き起こした。Cherokee XJは4×4をそのまま保った本格スポーツワゴンで、モノコックボディーやSUVの要素を採用しており、特にWAGONEERはより高級になるように磨かれ、CHEROKEEは4×4オブ・ザ・イヤーに認められたので、本当にこの代からJeepは世間や人々に強い印象を与えたと感じられる。

スカイラインを降りないといけないなら…妥協と現実の車選び。 理想は!!これが一番ほしかった! 現実難しいわけで… Jeepグランドチェロキー! 2番目がこれ! Jeepレゲネード! これも結局厳しいわけで… それで選んだ車が… 明日はうちの車のインプレをしてきまーす。のちにアップします。 pic.twitter.com/EihBB6XAnm

1 2