「どこへでも行ける、何でもできる」というJeepの方針は、長い間受け継がれている。その言葉に反映するように各方面で革新的な車を作り、シンプルなラダーフレーム、サイドバルブ水冷直列4気筒エンジン、単純堅牢な構造を採用した。もちろん一切の妥協は許されず、戦争が終わるまでは兵士たちの心強い味方となり、荒れた道だけではなく砂漠、雪道も突き進むことができた。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

軍隊用の車から大いに発展して今でも世界中に浸透しているJeepの歴史を振り返る

フィアット・クライスラー・オートモービルズが生み出したブランド・Jeep(ジープ)は、4輪駆動が当たり前で、高い耐久性と悪路でも楽々走れることが最大の特徴である。

このまとめを見る