1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

個性的な人やカルチャーが集まる大阪。そんな大阪にはちょっと変わったホステルやホテルもたくさん。今回はそんな一風変わった大阪のホテルを紹介したいと思います。(掲載されている情報は2019年4月に更新したものです。必ず事前にお調べください)

11daaaさん

①BOOK AND BED TOKYO SHINSAIBASHI

東京池袋発の「泊まれる本屋」の6店舗目「BOOK AND BED TOKYO SHINSAIBASHI」
本棚の中にある隠れ家のようなベッドで、読書に没頭して寝オチできる、夢のような場所です。

最大5000冊を収納できる「BOOK AND BED TOKYO」では様々なジャンルの本が収められています。一晩泊まればお気に入りの一冊を見つけることができるかもしれませんね。

部屋にはブックライトにプライベートカーテン、ハンガー、専用コンセントがついており、ホテルさながらの設備があります。

Wi-Fiは無料で完備。共同のシャワー、トイレ。洗面台は24時間開放されています。

併設されているカフェ「BY BOOK AND BED TOKYO」ではSNSで話題のブラックドリンクやブラックフードが楽しめます。

【宿泊価格】
「SINGLE」¥5,200 /1泊
「DOUBLE」¥8,400 /1泊
「SUPERIOR ROOM」¥12,000/ 1泊
※ダブル、スーペリアルームのみ2名利用可能 ※土日祝前日などは変動あり

チェックイン 16:00~ チェックアウト ~11:00
アーリーチェックイン 13:00~ ¥540/1h
レイトチェックアウト ~13:00 ¥540/1h
当日の空室状況はTwitterでご確認いただけます。

【住所】
BOOK AND BED TOKYO SHINSAIBASHI
〒542-0083 大阪府大阪市中央区東心斎橋1-19-11 ウナギダニスクエア 3階

・御堂筋線 心斎橋駅 徒歩1分
・堺筋線 長堀橋駅 徒歩5分
・ドラッグストア 徒歩1分
・コンビニ(ファミリーマート 徒歩1分)
・大丸百貨店 徒歩1分
・外貨両替所 徒歩3分

②変なホテル

世界初のロボットが働くホテルとしてギネス認定。
様々な先進技術で、快適なホテルステイをサポートするのが、「変なホテル」です。
フロントには2体の恐竜たちがお出迎え!お部屋では、自分好みの色にカスタマイズできるルームライト!

1,600万色のカラーで、あなた好みに照明を調節してお部屋の演出を!

「tabii」は、無料で利用できる客室設置型タブレットサービスです。ホテル館内の案内やその土地ならではのグルメ・観光情報、音楽・お笑いなどの動画コンテンツなど豊富なコンテンツを取り揃えており、宿泊者の目的や趣味に応じた楽しみ方が可能です。

フランスベッド社と共同開発した理想の寝心地を求めたマットレス

【宿泊価格】
ツインルーム(禁煙)
1部屋1泊 (税・サ込)
<2名の場合/1名あたり>
一般価格 5,250円~
会員価格 5,000円~

ハリウッドツインルーム(禁煙)
1部屋1泊 (税・サ込)
<2名の場合/1名あたり>
一般価格 4,750円~
会員価格 4,500円~

LGスタイラーツインルーム(禁煙)
1部屋1泊 (税・サ込)
<2名の場合/1名あたり>
一般価格 6,250円~
会員価格 6,000円~

ダブルルーム(禁煙)
1部屋1泊 (税・サ込)
<2名の場合/1名あたり>
一般価格 5,750円~
会員価格 5,500円~

【住所】
〒542-0081 大阪府大阪市中央区南船場3丁目5−2
OsakaMetro長堀鶴見緑地線「心斎橋」北7出口より徒歩1分

③HOTEL 64 OSAKA

1964年に建てられたというレトロなビルをリノベーションした雰囲気たっぷりのホステル。個室とドミトリーから選ぶことが出来できます。館内に置いてある家具や雑貨は昭和感とモダンがセンスよく融合しており、おばあちゃんのお家に来たような温かい雰囲気です。

ドミトリータイプはカーテンではなくのれんで仕切られています。独立性が高い空間になっているので、ドミトリーが始めての人もチャレンジしやすいお宿です。

ロビーで他の宿泊者と生きた観光情報を交換するのも良さそう!

館内は決してピカピカの新品ではありませんが、磨き上げられたお風呂場のタイルやシンクから、このレトロなビルに対する愛情が感じられて、初めての宿泊でも何だか愛おしい気持ちになります。4種類のデザインを楽しむことが出来るバスルームも必見なので、ぜひ連泊してそれぞれ体験してみてくださいね!

1 2