1. まとめトップ
  2. IT・ガジェット
5 お気に入り 3559 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

かっつくさん

5Gってなんぞ?

4GのGは「Generation(世代)」のことです。つまり4Gは「モバイルネットワークの第4世代技術」を意味しています。5Gは、4Gの次に予定されている「モバイルネットワークの第五世代技術」のことで、一般には「第五世代移動通信システム」と呼ばれています。

5Gは、現在のLTEと比べケタ違いに高速、低遅延、大容量な通信技術であり、我々の生活を一変させる可能性を持っている。

調査会社IDC Japanが調べたところ、5Gに対しては「IoTデバイスによる膨大なデータ取得/活用」「膨大な数のIoTデバイスの接続」を期待している企業が多かった。1平方kmあたり100万台ものデバイスを同時にモバイル接続させられるなら、確かにあらゆる物が通信するIoT(モノのインターネット)にも対応できる。

いつからなの???

NTTドコモはラグビーワールドカップが開幕する2019年9月に「プレサービス」を始め、2020年春から「商用サービス」をスタートする予定だ。

au、Softbankは一部の技術や一部の商品などに先に取り入れて2020年よりも早く導入する可能性もあると報道されております。

5Gでどうなるの??

5Gの出現により、電車やバスの本数が少ない地域も、自動運転が普及すれば住みやすくなるだろう。過疎部では高齢化が進み、孤立してしまうエリアがあるが、IoT化により遠隔診療・手術も可能になると予測されている。医師が、ネットワーク接続された医療機器を利用して診察できるようになるのだ。

「5G」による高速・低遅延の通信技術が実装され、また、MEC(Mobile Edge Computing)と呼ばれる、ざっくり説明すると車に近いところに存在するAIに操作させる技術と組み合わさることで
AIとのやりとり時間が短縮化され、安全な自動運転社会が実現されるのです。

接続できるデバイスの絶対数を1つの基地局あたり100倍にすることで対応を可能とします。スマホ・PCだけではなくこの世の中のありとあらゆるものがネットワーク化され、IoTの普及を推進させる目的で開発されたのが5Gともいえます。

5Gの時代になると、様々なモノが通信ネットワークにつながることで、スマホを取り出して操作したりしなくても、無意識のうちに必要な情報が手に入るようになるでしょう

スマホが5Gに対応すると。。。

現在のスマホでも、ある地点の混雑情報などを確認することはできますが、5Gではよりリアルタイムな情報を受け取ることが可能となります。

現状の4Gでも4K動画の視聴は可能ですが、8Kになってくるとスムーズな視聴は難しいです。
5G通信であれば、最大速度が10Gbps(10000Mbps)なので、平均的に100Mpbs以上の速度が出せると予想されるため、今後の大容量化が進んだ高画質動画にも対応できます。

その内、スマホでPS4やパソコン並みのグラフィックや容量のゲームもプレイできるようになるのかも知れません。

1平方キロメートルあたり100万台以上のデバイスの同時接続が可能となる5Gの導入後はイベント会場など多くの人が集まる場所でも遅延がなくなり、更に通信容量制限もなくなると言われています。

1