1. まとめトップ

いったい何があったんだ…ステルス戦闘機F35A消息不明に様々な声が!!

F35Aといえば最強のステルス戦闘機として、昨今日本に導入されました。しかし、そのステルス戦闘機F35Aが消息不明になって大騒ぎになっています。今後活動は自粛するようで、様々な影響が出るといわれています。それに様々な声があがっています。

更新日: 2019年04月10日

1 お気に入り 9957 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

期待のステルス戦闘機を導入した

F-35AはF-4戦闘機の後継として導入を決定した最新鋭の戦闘機で、平成29年度から三沢基地に配備する計画です。

F-35Aは高いステルス性能のほかこれまでの戦闘機から格段に進化したシステムを有し我が国の防衛、ひいては地域の安定に多大な貢献をしてくれる期待の戦闘機です。

米空軍の最新鋭ステルス戦闘機F35A2機が30日午後2時28分、沖縄県の米空軍嘉手納基地に飛来した。空軍仕様のF35Aのアジア太平洋地域での運用は初めて。

米太平洋空軍は24日、米ユタ州のヒル空軍基地第34戦闘中隊所属のF35A12機と、要員約300人を11月上旬から派遣すると発表していた。

配備目的について、第18航空団は、朝鮮半島情勢への対応など安全保障に必要と地元市町村に説明していた。

なんとステルス戦闘機が消息不明になっている

9日夜、青森県三沢市沖の太平洋上で、航空自衛隊の最新鋭の戦闘機、「F35A」の機影がレーダーから消え、航空自衛隊は墜落した可能性があるとみて詳しい状況の確認を急いでいます。

機体にはパイロット1人が乗っていたということで、自衛隊の航空機などが捜索にあたっています。

航空自衛隊によりますと、9日午後7時27分ごろ、青森県三沢市の東およそ135キロの太平洋上で、航空自衛隊三沢基地に所属する最新鋭のF35A戦闘機1機の機影がレーダーから消えるとともに、無線通信も途絶えたということです。

このF35A戦闘機は9日午後7時ごろに離陸し、4機で「対戦闘機戦闘訓練」を行っていました。戦闘機を操縦していた40代の3等空佐の安否は分かっていません。

最新鋭のステルス機能を持ったF35A戦闘機は去年の1月に三沢基地に配備され、現在は13機体制で運用されています。

影響が色々出ている

岩屋防衛相「人命の救出にまずは全力を尽くしてまいります。残る航空自衛隊のF35A12機については、当面の間、飛行を見合わせることといたします」

岩屋防衛相は夜通し救助活動を続けるとしている。なおF35Aはこれまで墜落事故の前例はないという。

空自では2月に築城基地(福岡県)所属のF2戦闘機が、山口県沖の日本海に墜落する事故が起きており、戦闘機の運用に問題がなかったか検証が求められそうだ。

米軍普天間飛行場所属のオスプレイが昨年12月の名護市安部に続き、オーストラリアで墜落した。県は、米側の安全対策に強い疑念を示し、飛行停止を求める構えだ。

一方、国内への影響を最小限に抑えたい政府は、米側へ飛行自粛要請に踏み切った。名護市からは、半年後に控える市長選への影響を懸念する声も上がる。

ステルスが停止されるのだろうか?

様々な声が

欠陥機という巷の噂は本当か?AとBをお買い物したはず。ポンコツ機、買わされたの? 空自・ステルス戦闘機F35Aが行方不明 #日テレNEWS24 #日テレ #ntv news24.jp/articles/2019/…

F35A 消息不明、防衛省は人為的ミスはあり得ないとの事で機体に不備があった可能性も、高い買い物したもんだな #報ステ

安倍政権は、軍事費過去最高 #憲法改正 して日本の若者を戦争に行かせようとしている!だから選挙に行って 退陣させよう!  F35A不明 防衛省に衝撃走る 2019年4月9日 news.yahoo.co.jp/pickup/6319872

1 2