1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

s..koyaさん

超高級SUV 実力は?

ブガッティ、1000馬力の2ドア・ハイパーSUVを2023年に発売の情報!

スーパーカーメーカーのブガッティは、2023年までに初のクロスオーバーSUVを発売する可能性があることが、英Car誌の調べでわかった

果たしてお値段は!?

予想されるボディスタイルは2ドアで、パワートレインはV型8気筒ツインターボガソリンエンジン+電気モーターのハイブリッドにより、最高出力1000psを発揮。これはライバルとなるランボルギーニ『ウルス』より360ps高出力であり、ポルシェ『カイエンターボS Eハイブリッド』の670psをも凌駕するハイスペックとなる。またウルスの2,200kgよりかなり軽量化を図るとも伝えられる

計画が順調に進んだ場合、ワールドプレミアは2022年、翌2023年に発売され、年間800台の生産を目指すようだ

ロールスロイス カリナン

【試乗】ロールスロイス カリナンは、最上級の実用性と快適性を提供してくれる超スーパーなSUV

ハッチバックボディで四輪駆動のSUV・・・と、ロールスの長い歴史においてもカリナンは初物尽くしのクルマ

心臓部は直噴V12ツインターボ6.75リッター

搭載されるエンジンはファントムと同じ6.75Lの直噴V12ツインターボで最高出力は571ps、最大トルクは850Nmを1600rpmで発生する

時速100キロに5秒で到達

ドライバーの意思を反映するファンな一面もしっかりキープ

砂漠や雪路などシビアな低ミューの路面状況に応じてトラクションコントロール、DSCのオフが個々に設定できる。ほかに、オフロードモード設定の上でDSCオフ、そしてトランスミッションの低いギアを積極的に用いるローモードをオンにすることで、2速ギア固定のオフロードエキスパートモードに入り、雪路でのフルカウンターなどドライバーの意志で積極的に向きを変えるロジックも仕込まれている

価格は3864万5000円(税込)

庶民には手が出ない!!

お値段2739万円!ベントレー ベンテイガに乗ってみた結果

別世界に連れて行かれる乗り心地

600psを超える(正確には608ps)最高出力は、少なくとも世界最強の一つであることは間違いなく、そこから湧き上がる途方もないパワーはこれも別世界感満載で、実は本当に別世界に連れて行かれる心境にさせてくれる。

ランボルギーニ ウルス 価格:2779万9200円

ランボルギーニ ウルスは、世界最高の乗用車にして「背が高いだけ」のスーパーカーだった

4リットルV8ツインターボ+8AT+トルセン式フルタイム4WDというパワートレーンを積む。最高出力は系列最高の650psで、0-100km/hを3.6秒で駆けぬけ、最高速度は305km/hにも達する。文字どおり“背が高いだけのスーパーカー”だ。

ランボルギーニのSUVらしさとは

ウルスの真骨頂は“平和”にあるわけではない。ちょっと前が空いた頃合いを見計らってアクセルペダルを踏み込んでみれば、その加速のすさまじさに、経験済みだというにも関わらず、ふたたび唖然とするほかなかった。

最初に車体がふわっと浮いたような感覚がきて(もちろん実際に浮いたわけじゃない)、すぐさまのちに背中を蹴飛ばされたかのような加速をみせる。スリリング、この上なし。加速フィールという点では、視点の高いぶん、背の低いスーパーカーとはまた違ったスリルがあって、なるほどそれこそがランボルギーニのSUVらしさだと納得する

やっぱりランボルギーニ ウルスはハンパなくかっこいいな 納車まで1年以上待つらしいけど買うなら白か黄色かな #フリーランス #副業 #ネットビジネス #集客 #セミリタイヤ

1 2