1. まとめトップ

【スキンケアの知識】避妊だけじゃない! ピルで肌荒れが改善するって本当なの?

ピルというと、避妊や生理通などに使用される薬ですが、実は肌荒れの改善効果があることをご存知でしょうか?ここでは、そんなピルのスキンケア効果についてまとめました。

更新日: 2019年04月10日

10 お気に入り 1759 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

病院HP、スキンケアのコラムや医療系コラムを参考にしてまとめました。

wkzdmetiさん

ピルの主な効果は避妊や生理の悩み解消

ピルというと、避妊薬をイメージされる方が多いと思います。また、避妊以外にも生理痛や生理不順などの改善にも使用される薬です。

月経(生理)周期とは、「月経(生理)の始まった日から次の月経(生理)が始まる前日までの日数」をいいます。OCを服用するとこの月経(生理)周期がキチンと28日周期になり、月経(生理)がいつ来るかもわかるため、毎月のスケジュールが立てやすくなります。また、旅行といった月経(生理)が重なると困る場合でも、OCで月経(生理)を簡単にずらすことができます。

月経(生理)周期をコントロールできます

ピルに含まれる卵胞ホルモンと黄体ホルモンが、身体の中にあるこれら2種類のホルモンの量を調節。そのため卵胞は成熟せず、排卵を抑制します。ピルを正しく服用すればほぼ100%の避妊効果を得ることができますし、生理痛や子宮内膜症などの症状緩和に効果を発揮します。

そんなピルには肌荒れにも効く!?

肌荒れの中でも、なかなか治らないニキビに効果があると言われています。再発しやすい大人ニキビや月経前のニキビには効果的なようです。

ホルモンバランスが安定することによって、月経前や月経中の倦怠感や痛みなど、さまざまな不快な症状(PMS)を軽減したり、大人ニキビや多毛症の改善にも効果があります。

海外では、避妊や月経調整のほか、ニキビの治療として10代から使用されている例も多くあります。ここ最近ではうまく自分のライフスタイルにOC(低用量ピル)を取り入る女性が増えています。

治りにくい大人ニキビや月経前に悪化するニキビの治療には、低用量ピルが処方されることがあります。女性ホルモンを主成分とするピルには、男性ホルモンの働きを抑制することでニキビの発生を根本から改善する効果が期待できます。

ピルとニキビの関係性

大人ニキビや生理前に悪化するニキビの主な原因は、ホルモンバランスが影響しています。ピルにはホルモンバランスを整える効果があるので、ニキビの改善につながるのです。

女性は、生理前になるとニキビができたり、肌荒れすることがあります。これには、黄体ホルモン(プロゲステロン)が関係しています。黄体ホルモンには、肌を乾燥させたり、皮脂の分泌を増やす作用があります。

ニキビには、黄体ホルモンの存在が大きく影響しています。生理前になると黄体ホルモンの量が上昇し、皮脂分泌を活発化させるのでニキビなどができやすくなります。ピルは、こうした黄体ホルモンの働きを抑えるため、肌トラブルを改善する効果が期待できます。

ピルの副作用に注意!

他の薬と同様に、ピルにも副作用が出る場合があります。マイナートラブルとして、頭痛や吐き気などがあります。
症状が出た際は服用を中止し、医師に相談しましょう。

マイナートラブルと呼ばれる症状が出ることもあります。 体内のホルモンバランスが変わるため、体が慣れるまでに感じる症状です。多くの方は1~2ヶ月のみ続けているうちにおさまっていきます。

ピルを服用することでのマイナートラブルには、吐き気や胸の張り、むくみ、胸焼け、頭痛、下腹部痛などがあります。これらは1度生理がくると治まることが多く、また体を慣らすために、最初は1日半錠から始めることもできます(この場合は避妊効果はありません)。ですので、あまり深刻に考えなくても大丈夫でしょう。

まとめ

ピルの肌荒れ改善効果についてご紹介しました。生理前にニキビが増えるといった方は、ピルを使用してみるのも選択肢の一つです。また、ピルは種類も多く、人によって合う合わないもあります。副作用を考慮するなら、多くの種類のピルを取り扱っている病院の方が自分に合うモノを処方してもらえます。

参考サイト

1