1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

ウラン売買も関与か?爆薬製造容疑の高校生にネット騒然!

高性能爆薬の四硝酸エリスリトール(ETN)を製造・所持したとして火薬類取締法違反(無許可製造など)容疑で東京都内の男子高校生が書類送検されたと報じられました。さらに、男子生徒がウラン精鉱(イエローケーキ)に精製し、オークションに出品していたこともわかったと報じられています。

更新日: 2019年04月10日

9 お気に入り 39477 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

kyama77さん

●「四硝酸エリスリトール」を製造したなどとして、男子高校生を火薬類取締法違反で書類送検

【書類送検】男子高校生、濃縮ウランの原料「イエローケーキ」を精製 同級生に渡したか news.livedoor.com/article/detail… また、オークションで販売したとみられ、警視庁は原子炉等規制法違反の疑いを視野に捜査を進めている。 pic.twitter.com/IRrmDBchE2

殺傷能力の高い爆薬「四硝酸エリスリトール(ETN)」を製造したなどとして、警視庁公安部は8日、

東京都内の男子高校生(16)を火薬類取締法違反(無許可製造、所持)容疑で東京地検に書類送検した。

・書類送検に至った経緯

去年8月、高い殺傷能力を持つ爆薬、ETN=四硝酸エリスリトールの白い粉末、およそ2.4グラムを自宅で製造し、

この問題で新たにわかったこと

●書類送検された男子高校生がウランのネットバイバイにも関与していた疑い

火薬類取締法違反(無許可製造など)容疑で書類送検された東京都内在住の男子高校生(16)が、

インターネットのオークションサイトでウランが売買されていた事件に関与していた疑いがあることが、捜査関係者への取材で明らかになった。

●オークションサイトで発覚された経緯

・警視庁生活環境課は、日本原子力研究開発機構に鑑定を依頼

捜査関係者によると、オークションサイトに「ウラン99.9%」と書かれた物質が出品されているとの情報が昨年1月、原子力規制庁から警視庁に寄せられた。

警視庁生活環境課は物質を押収。日本原子力研究開発機構(茨城県東海村)に鑑定を依頼

劣化ウランやウラン精鉱とみられるという。出品した人物や落札した人物を特定しており、原子炉等規制法違反(譲渡など)容疑を視野に任意で事情を聴取。

・鑑定の結果、核燃料物質の「劣化ウラン」などと確認されたという

鑑定の結果、出品されていたのは核燃料物質の「劣化ウラン」などと確認され、

警視庁は購入した複数の人物の特定を進めていましたが、捜査関係者によりますと、東京都内の16歳の男子高校生が含まれていたことが分かったという

・男子高校生が自ら精製した「ウラン精鉱(イエローケーキ)」を販売していたことも確認された

高校生が自ら精製した「ウラン精鉱(イエローケーキ)」をオークションサイトに出品し、販売していたことも確認された。

同サイトで売買されたウランは警視庁が全て押収。高校生を含む複数人から任意で事情を聴いており、本格捜査に乗り出す方向で検討を進めている。

●ネットでは、この事件に様々な声が上がっている

1 2 3