1. まとめトップ

20代ならまだ間に合う!?話題のAGA治療で最新の薄毛対策をしよう!

近代は、薄毛に悩む若年齢層も増えています。その中でも20代から薄くなってきている方は心配でしょうがないはず!そんな20代にとっておきのAGA治療をご紹介!

更新日: 2019年04月10日

1 お気に入り 97 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

☆★薄毛になってしまう原因とは?!☆★

★★多くの人が悩む薄毛の代表例★★

成人男性の4人に1人は薄毛の悩みを抱えていると言われています。

薄毛男性の代表的な悩みについてご紹介します。

【1】帽子を脱ぐのに勇気がいる

薄毛ハゲと言えば帽子は必需品、被っている間は自分が禿げている事すら忘れ、尚且つお洒落もできるというスーパー神(髪アイテム)の帽子。

しかしいざ帽子を外す時は、押しつぶされてボリュームダウンした髪の毛が目立ってしまいます。

薄くなった頭を見られるのはとても恥ずかしいものです。

薄毛を隠すために帽子を被っていても、いざ帽子を脱いだ時に相手の視線がくぎ付けになるのでは?と不安は尽きません。

【2】エレベーターの死角に入りたい

エレベーター内部に防犯カメラを付ける事はとっても良いことだと思います。
が、しかし・・・
そのカメラの位置が、
ハゲの私には気になるのです。
どうしてかというと、
天井からエレベーター内の全体を写しているからです。
ハゲの人は他人に頭の上から覗かれる事を嫌います。
靴ひもを結ぶ時だって、出来るだけ人がいないところで結びます。
だって
「あっ!あの人意外と、てっぺんハゲてるんだ。」
と、ハゲが見つかっちゃいますからね。

【3】洋服がキマらない

髪の毛が薄いとどんなにオシャレをしても決まらない、という悩みはとても多いようですね。
確かに
・オシャレ薄毛
より
・Tシャツムキムキ薄毛
の方が似合う気がします。

【4】人前で髪の毛を濡らすことはNG

髪が水で濡れると、はげてるのが丸分かりになるよね。シャワーした後、運動して汗だくだくになったとき、雨に濡れてしまったときなど、薄毛が周囲にばれてしまうシチュエーションは多い。内心薄毛を気にしてて、いつもはらはらしてる人は、間違っても人前で汗かいたり、髪の毛を濡らしたりしません!

そんなことすると、はげてるってすぐばれるから。ちょっと自意識過剰なんじゃないの?薄毛の悩みのない人はそう思うかも知れないけどね。でもやっぱりね…わざわざ自分のほうから、頭が薄いところを人前にあからさまに晒したくはない…もうすでに、はげてることが周囲の人にバレバレの場合でも、やっぱり人前で無防備な姿、というかスカスカな頭を晒すのは嫌なものだ。

薄毛(若ハゲ)の代表的な原因は次の5つです。

【1】AGA(男性型脱毛症)

男性の頭部がはげてしまう原因として最も多いのがAGA(男性型脱毛症)です。男性の薄毛原因のほとんどを占めています。

AGAについて簡単に説明すると、男性ホルモンのテストステロンが、5α-リダクターゼという還元酵素と結びついてDHT(ジヒドロテストステロン)を生成します。

このDHTが髪の毛のヘアサイクルを狂わせ、十分に成長しない状態で脱毛させてしまうのです。

【2】生活習慣による薄毛の進行

普段からの規則正しい睡眠や運動などの生活習慣は、髪の毛に多大な影響を与え薄毛を進行させたりもします。

規則正しい決まった時間に寝て決まった時間に起きる、定期的に運動するなど日常生活の積み重ねが大事です。

【3】ストレスによる薄毛

私たちの毛髪を作っている毛母細胞は、毛乳頭と呼ばれる部分が毛細血管から栄養を受け取り、活動しています。髪が一度、抜けても、再び髪が生えてくるのは、この活動が正常におこなわれているからです。そのため、ストレスで自律神経が緊張し、血管の収縮が起こると、細胞(毛乳頭)に十分な栄養を送ることができなくなってしまいます。すると、抜け毛や新たに生えてくる毛髪が弱くなり、薄毛の原因になるわけです。

さらに毛髪の成長には男性ホルモンの存在が大きく関与していますが、ストレスによりホルモンバランスが崩れることで、薄毛が進行してしまう可能性もあると言われています。

【4】ホルモンバランスの乱れによる薄毛

男性の方が抜け毛・薄毛になりやすいのは遺伝に加え、男性ホルモンによる影響も原因のひとつと言われています。ホルモンは頭皮の状態に影響を及ぼすため、女性の場合も生理や出産、更年期等にホルモンバランスが乱れた時に、抜け毛が増えやすくなると言われています。

即効性は期待できませんが、内側からじっくり安全に確実に体を整えるにはまず、普段の食事から。ホルモンバランスに良い影響を与えるような食材を意識して選んではいかがでしょうか。

【5】食生活のみだれによる薄毛

栄養バランスの偏った食生活は、薄毛を進行させる大きな原因の一つになります。

過度な栄養不足や、体に負担をかける程の飲酒は頭皮に大きなダメージを与えます。

特に日常的に、コンビニのご飯やファーストフードの食事が多いという方は、よく注意が必要です。

毛髪の発育に必要な「アミノ酸」「タンパク質」や、これらの吸収を促進する「ビタミン」、さらには薄毛の要因となるホルモンを抑制する「亜鉛」を摂取することなどが、薄毛の予防、改善に必要です。

★☆AGA治療がオススメ!やるなら早い方がいい!★☆

若ハゲの対策には「AGA治療」と言われますが、その効果はどうなんでしょうか?

★口コミで効果をみてみよう!

TwitterでAGA治療のBefore/After画像を調べて見ましたのでご紹介します。

程度の差はありますが、いずれも効果が出ていますね。

かみんぐあうと。 昨年AGA治療して見事に生えた髪が、半年服薬をやめたらまた激しい抜毛に見舞われ服薬再開。前回は半年かかったのに今回たった2ヶ月で生えた!俺の頭髪自由自在!before&afterはこちら↓ facebook.com/kenkoku.platon pic.twitter.com/bg0pdaSy4m

久しぶりに門下生の頭皮晒すぞい。 左は昨年11月下旬、右は今朝の門下生の頭皮じゃ。 昨年9月からAGA治療を始めて約5ヶ月。 ここまで改善できたぞい。 AGAに関する情報は、ワシのブログに集積してあるぞい! ikumou-dojo.com/blog/ pic.twitter.com/QgXAQ4Jjx6

1 2