明治維新のあと、当時の大蔵省に入り、実業家になってからは現在の「みずほ銀行」につながる、日本初の銀行「第一国立銀行」や「東京証券取引所」の前身の「東京株式取引所」、現在の東京商工会議所の前身の「東京商法会議所」など、数多くの企業や団体の設立に携わりました。

出典新一万円札「渋沢栄一」紙幣デザインを発表 5年後めど発行 | NHKニュース

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

新社会人必見!新1万円札の顔・渋沢栄一『論語と算盤』が重版決定

2024年度上期に導入される新紙幣の1万円札に選ばれた渋沢栄一(しぶさわ えいいち)。「日本の資本主義の父」と呼ばれた渋沢栄一の著書「論語と算盤」が、仕事の取り組みに役立つと話題になり続々と重版になっていました。

このまとめを見る