4月9日、筑摩書房は渋沢栄一『現代語訳 論語と算盤』(ちくま新書/守屋淳=訳)の2万部重版を決定した。

出典新1万円札効果渋沢栄一著書異例の2万部重版決定 | ORICON NEWS

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

新社会人必見!新1万円札の顔・渋沢栄一『論語と算盤』が重版決定

2024年度上期に導入される新紙幣の1万円札に選ばれた渋沢栄一(しぶさわ えいいち)。「日本の資本主義の父」と呼ばれた渋沢栄一の著書「論語と算盤」が、仕事の取り組みに役立つと話題になり続々と重版になっていました。

このまとめを見る