1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

ビタミンCの情報を詳しく調べて発信する人

基礎知識

ビタミンC誘導体(ビタミンシーゆうどうたい)とは、生体内で酵素反応によりビタミンCとなるもの。誘導体化によって生体外での安定化および生体内への吸収率向上のメリットがある。ビタミンC(L-アスコルビン酸)である。ビタミンCは強力な抗酸化作用があるが、そのままのビタミンCは不安定で分子構造が壊れやすい。また、皮膚は水溶性の物質を弾く作用が強いので、皮膚に浸透しやすいように合成された化合物である。美容を目的とした皮膚科学で応用されているほか、食品添加物としても検討されているものもある。直接利用するほかケミカルピーリングを行った後に塗布することでも利用される。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ビタミンCとビタミンC誘導体の違い

肌にとって、ビタミンCは美容効果のある成分です。しかし、普通のビタミンCは角質層より深くへ浸透できません。また、化粧品に入っていても酸化されやすく安定性に欠けます。そこで開発されたのがビタミンC誘導体で、肌へ浸透し、酸化されにくい安定性をもち、化粧品に入っていると、通常のビタミンCより高い効果が期待できるものとなっています。

参考サイト

1