1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ
8 お気に入り 20280 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼性の高い報道と皆さんのツイートを基に作成しました。

manuronaldさん

■いまだ終息の兆しが見えない「麻疹(はしか)」の流行

麻疹とは

麻しんウイルスによって引き起こされる急性の全身感染症で、空気感染、飛沫感染、接触感染により、ヒトからヒトへ感染が伝播。

その感染力は極めて強く、免疫がない人が感染するとほぼ100%発症し、患者1000人に1人の割合で脳炎を発症することも。

唯一の予防法はワクチンの接種で、2回接種することによってほぼ100%の人が麻しんウイルスに対する免疫を獲得できる。

過去10年で最多ペース

国立感染症研究所の発表によると、3月10日までの日本全国の感染報告数は304人。

■そんななか、アメリカでも麻疹が猛威を振るっていた

米疾病対策センターによると、今年は(4月4日時点)19州で465人の患者が報告。

アメリカは2000年に麻疹の根絶を宣言したが、2014年にも大規模な流行が起きて全米で667人が感染している。

■特に深刻なのがニューヨーク

ニューヨーク市保健局は4月9日、同市ブルックリン地区の一部地域で麻疹が大流行しているとして、公衆衛生上の緊急事態を宣言した。

■ニューヨークでの大規模流行は1991年以来初

衛生当局によると、予防接種を受けていないユダヤ教徒の子どもがイスラエルを訪問して感染し、そこから流行が拡大。

■同市は緊急措置を発表

デブラシオ市長は記者会見を開き、「より力強い手段を取るべき時だ」と述べて緊急措置を発表。

対象地域に住み、感染する可能性がある人に予防接種を義務づけ、従わなければ最大1000ドル(約11万円)の罰金が科される。

■根絶を宣言したアメリカで感染が拡大している理由

幼児のワクチン未接種率が上昇

カリフォルニアなど3州を除く全米各州は、学齢期の子どもに各種の予防接種を義務付けている。

1 2