1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

『皇室の美』から『ニッポン制服百年史』まで!5月開催の「美術展覧会」

2019年5月開催中の注目の美術館展覧会まとめ。『華ひらく皇室文化―明治宮廷を彩る技と美―』、『国宝 東寺―空海と仏像曼荼羅』、『ニッポン制服百年史―女学生服がポップカルチャーになった!』、『ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道』、『朝ドラ 100の物語~朝を彩ったヒロインたち~ 』。

更新日: 2019年05月05日

9 お気に入り 13309 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆『華ひらく皇室文化―明治宮廷を彩る技と美―』

明治時代(1868-1912)、諸外国との外交のために皇室では洋装を採り入れ、洋食にて外国使臣をもてなしました。 その舞台は、延遼館、鹿鳴館そして明治宮殿へと移り変わります。

また、明治皇室は伝統文化の保護を提唱し、「帝室」(皇室)が「技芸」(美術)の制作活動を奨励する「帝室技芸員」制度が誕生します。美術界の最高の栄誉とされた彼らの作品は、日本文化の象徴として海外でも賞賛されました。

本展では、宮中晩餐会の食器やドレス、ボンボニエールなど通して当時の宮廷文化を振り返るとともに、贅を尽くした帝室技芸員の作品を展示。

明治皇室が守り伝えた日本の技と美を紹介。「華ひらく皇室文化―明治宮廷を彩る技と美―」展(泉屋博古館分館、3月16日~5月10日) bijutsutecho.com/exhibitions/34… pic.twitter.com/RPlXpJiEnp

泉屋博古分館で開催されてる「華ひらく皇室文化 明治宮廷を彩る技と美」を観に行ってきました。 ボンボニエールがお目当てだったんですが他にも展示されてる品々が貴重な物ばかりで見入ってしまいました。(´∀`*) #泉屋博古館分館 #華ひらく皇室文化 pic.twitter.com/J6H13ZnX9i

今日は、華ひらく皇室文化―明治宮廷を彩る技と美―(泉屋博古館分館)。精緻で美麗で典雅。特に、柴田是真と濤川惣助と川島織物!!! 前期と後期の展示替えは全とっかえではないけれど、後期にも行きたくなっています。どうする?どうする?

◆『国宝 東寺―空海と仏像曼荼羅』

唐で新しい仏教である密教を学んで帰国した弘法大師空海は、823年に嵯峨天皇より東寺を賜り、真言密教の根本道場としました。空海のもたらした密教の造形物は、美術品としても極めて高い質を誇り、その多彩さや豊かさはわが国の仏教美術の中で群を抜いています。

空海が作り上げた曼荼羅の世界を体感できる講堂安置の21体の仏像からなる立体曼荼羅のうち、史上最多となる国宝11体、重文4体、合計15体が出品されるほか、彫刻、絵画、書跡、工芸など密教美術の最高峰が一堂に会します。

また、「曼荼羅のお寺」とも言われる東寺に伝来する、現存最古の彩色両界曼荼羅図である国宝《両界曼荼羅図 西院曼荼羅(伝真言院曼荼羅)》(展示期間=4月23日〜5月6日)を含む4件を公開。

#東寺展 】空海にまつわる数々の名宝をはじめ、東寺に伝わる文化財の全貌を紹介する特別展「国宝 東寺―空海と仏像曼荼羅」が明日、開幕します。本日、報道内覧会および開会式・内覧会を開催し、多くの方々にお越しいただきました。 ow.ly/s8oD30oaVv5 pic.twitter.com/fO1dtgJepO

国宝 東寺 空海と仏像曼荼羅@トーハク 国宝に次ぐ国宝のオンパレード。開館時間に合わせて行くとすでに長蛇の列でしたが、中に入ってしまえばさほどの混雑は感じず。真っ先にお目当ての第二会場へ向かい、快適空間で仏像鑑賞を。撮影可の帝釈天、あらゆる角度からパシャパシャと撮影会しちゃいました✨ pic.twitter.com/k7e0Wgjvu2

「国宝 東寺―空海と仏像曼荼羅」見てきました、夜間開館だったのでそんなに混雑していなくゆっくり立体曼荼羅が見られました、実際に東寺にに行って見られるのは正面からと限られているけどこの展示では360°ぐるりと見られますほぼ独り占めでした、帝釈天はイケメンですね。 pic.twitter.com/DeXdXORPyP

◆『ニッポン制服百年史―女学生服がポップカルチャーになった!』

今から100年前に欧米からもたらされた洋装女学生服。独自の発展を遂げ、今や日本発信のポップカルチャ―として海外の注目も集める。

「ニッポン制服百年史」では女学生服を“日本発信のポップカルチャー”と捉え、多種多様な制服デザインや着こなし方を実物資料などで紹介。制服を愛するアーティストたちによるマンガ、イラストも展示される。

作品を寄せたのは江口寿史、森伸之、青木光恵、藤井みほな、今日マチ子、佐藤ざくり、かとうれい、和遥キナら。森伸之、かとうれい、和遥キナ、青木光恵による描き下ろし作品もお目見えする。

和遥キナ「君の夢が、終わるまで」

今日は、弥生美術館さんの 「ニッポン制服百年史ー女学生服がポップカルチャーになった!」展を見に行きました 女学生の制服の歴史を知ることが出来たのですが、意外と戦前のデザインが今でも通じるぐらい洗練されていたのは驚きでした 一階が歴史 二階がイラストを交えた文化 といった感じです

「ニッポンの制服百年史」、何がいいかって比率が少ないとはいえ男子の制服もちゃんと紹介されてる点ですね。あとLGBT配慮の制服とか

◆『朝ドラ 100の物語~昭和・平成の朝を彩ったヒロインたち~ 』

第99作「まんぷく」(2018)ポスター

1 2