1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

この記事は私がまとめました

senegirlsさん

目前に控える「異例の10連休」

新天皇が即位する2019年5月1日が祝日扱いになったことに伴い、今年のゴールデンウイーク(GW)は、4月27日から5月6日まで10連休。

菅義偉官房長官は「連続した休暇を取ることで、ゆとりのある国民生活の実現を期待したい」と語りました。

ある調査では「10連休が取れる」という人は43%

今年の連休日数について平均を算出すると「7.1連休」で、昨年の平均日数「4.3連休」から2.8日増加した。

一方、不定休の4人に1人が「休みがない」という調査も

不定休では休み日数が6日以下の人の割合は6割を超え、「休みがない」も4人に1人と、働き方別で一番多い結果となった。

休みが不定休だったり、シフト制だったりする職種、特に自営業、パート/アルバイトは「うれしくない」の割合が70%という結果に。

連休が長引くことから、非正規社員の収入激減が懸念されている

しかし、非正規雇用で日給制の人は、休みが増えると収入も減ってしまう。契約社員として働くという女性は「10連休…収入が10万円近く減ってしまう…」と嘆いていた。

ツイートでは、「長期連休を喜ぶことのできる一部の人々」と、医療従事者やサービス業、非正規雇用者などの「割りを食う、連休を喜べない人々」の対比を描くものが目立ちました。

10連休は「忙しい」「恐ろしい」と嘆く声が相次いでいる

ツイートの内容を分析してみると、「良い」「休む」などのポジティブな反応もある一方で、「死ぬ」「サービス業」「忙しい」「混む」「恐ろしい」などの言葉も見つかる。

「たとえすることなくったって、給料は減らないじゃないですか。僕は収入が減って、したいことがあってもできない状況なのに……」

「毎日遅くまで働く社員の人に休みを与えるのは素晴らしいことだと思いますが、むしろ喜ばない立場の人間だっているんだよとは言いたいです」

10連休あるぶん他の日に逆に休めない。4月5月で休みって休日出勤の振り休しかないんだよなぁ

これだけシフト制を恨んだことはない。 私も10連休欲しかった。

また、一部では10連休後の「景気後退」も心配されている

1 2