1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

俺も頑張れば…。「お札の顔」ってどうやって決定してるの?

新しいお札のデザインが決定しましたが、「お札の顔」はどうやって決められているのでしょうか。もしかしたら俺も頑張れば…。

更新日: 2019年04月12日

18 お気に入り 23827 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼のおける情報を基に作成しています。

■新しいお札のデザインが発表された

財務省は、新しい日本銀行券(紙幣)1万円、5千円および千円と、5百円貨幣を発行することを2019年4月9日に発表した

県内の金融機関や関連企業では歓迎ムードの一方で、システム改修などによる負担増を懸念する声も

■新しいお札の顔が発表された

新しいお札の顔に選ばれた渋沢栄一、津田梅子、北里柴三郎の3人。ゆかりの地や関係者からは9日午前、「びっくりした」「誇りに思う」などと、一斉に驚きや喜びの声が

新・千円札の表には、ペスト菌を発見し『近代日本医学の父』といわれる北里柴三郎の肖像。裏には葛飾北斎の代表作『富嶽三十六景』の『神奈川沖浪裏』が描かれている

新1万円券表(肖像)渋沢栄一(しぶさわ えいいち・1840~1931年)第一国立銀行(現 みずほ銀行)、東京株式取引所(現 東京証券取引所)、東京商法会議所(現 東京商工会議所)

■この「お札の顔」になるにはどうしたらいいの?

肖像をはじめとするお札の様式は、通貨行政を担当している財務省、発行元の日本銀行、製造元の国立印刷局の三者で協議し、最終的には日本銀行法によって財務大臣が決める

「教科書に載っているような世界に誇れる偉人」で、偽造防止のため「精密な写真や絵画が入手できる人物」。

最高額の紙幣に描かれる肖像画は、その国の「顔」だ。誰もがよく知っている人物が選ばれる。

■日本国中に知れ渡るような功績を残す必要がある

肖像の選出に際しては、・日本国民が世界に誇れる人物・一般的によく知られている人物

昔はお札の肖像に政治家ばかり選ばれていたところ、夏目漱石さんあたりからは文化人を採用する傾向に変わってきています。

そしてキーワードは文化人。

以前は、首相経験者の伊藤博文などが選ばれていたが、政治家の起用は批判されやすく、今は文化人中心となっている。1984年以来、政治家は選ばれていない。

■人間性も大事になるようだ

財閥をつくらなかった渋沢を象徴するキャッチフレーズはこれだろう。「私利を追わず公益を図る」。希代の実業家が生涯、貫いた理念

「ひとりひとりの人生の航路には、独りで立ち向かわなければならない、それぞれの困難と問題があります」

津田梅子さんの言葉です。

■以上、お札の肖像、俺にもなれるのか…?

俺も1万円札に顔晒されて全国民から愛されるフリ素になりてえ

1 2