1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

EL最年少ハット…ベンフィカの「ロナウド2世」が半端ない!

ジョアン・フェリックス…この名前は覚えておいた方が良さそうです。

更新日: 2019年04月12日

11 お気に入り 24475 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼性の高い報道と皆さんのツイートを基に作成しました。

manuronaldさん

■11日、ELの準々決勝1stレグが行われた

現地時間11日にヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメント準々決勝1stレグが行われ、ベンフィカとフランクフルトが対戦。

■ベンフィカFWジョアン・フェリックス(19)が魅せた

EL史上最年少でのハットトリックを達成

長谷部誠も先発フル出場を果たしたこの試合では、ベンフィカのU-21ポルトガル代表FWジョアン・フェリックス(19)が大活躍。

21分にPKを決めチームに先制点をもたらすと、その後も得点を重ねてハットトリックを達成し、4-2の勝利に貢献。

『UEFA』公式によると、19歳153日でのハットトリック達成は、EL史上最年少記録になったという。

■一体どんな選手?

8歳でポルト下部組織に入団し、16歳でベンフィカとプロ契約

ポルトガル・ヴィゼウ出身で、8歳のときに名門FCポルトのアカデミーに入団。

その後「線が細い」との理由で放出されたが、悔しさをバネに力強く成長し、16歳でベンフィカとプロ契約。

トップチームに昇格した今季は中心選手に

トップチームに昇格を果たした今季は、ここまでリーグ戦20試合に出場し、10得点5アシストを記録。

東京五輪世代のU-21ポルトガル代表に飛び級で選出されており、先月行われたEURO2020予選ではA代表にも初招集された。

■「クリスティアーノ・ロナウド2世」との呼び声も

左右両サイドからチャンスを作り出すドリブル、相手を翻弄する華麗なボールタッチ、得点力を兼ね備える万能型。

そんなジョアン・フェリックスは超絶技巧の持ち主な上、オフ・ザ・ボールの動きにも長けている。柿谷のバージョンアップ版。 pic.twitter.com/DaMZeKsv4b

■すでに欧州各国のビッグクラブが注目

今夏にも争奪戦が勃発か

しかし、ユベントスやレアル・マドリーなど複数クラブが獲得に興味を示しており、今季終了後には争奪戦になるとみられている。

1 2