1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

glpMan0218さん

老維新(ロウイシン)

住所:神奈川県横浜市中区山下町145
TEL:045-681-6811
営業時間:10:30~21:00/土曜日:10:30~21:30

店先を通りがかると、せいろの中にはどれにしようか迷ってしまうほどのカラフルなパンダがズラリ!思わず写真を撮りたくなる、バリエーション豊かな中華まんがSNSでも話題のお店。
中でもイチオシの「パンダまん」はチョコカスタード味。
他にも「抹茶パンダまん」「苺パンダまん」や、お食事系の「肉パンダまん」「激辛パンダまん」もあるので、甘いものが苦手な方にもオススメです。

開華楼(カイカロウ)

住所:神奈川県横浜市中区山下町145 横浜博覧会 1階
TEL:045-640-0081
営業時間:日~木 9:30 ~21:30
     金土祝前日 9:30 ~ 22:00

インスタ映えしそうなカラフルなグラデーションのバタフライピー。ライチやピーチ、ライム、杏仁ミルクなど全部で5種類の味の中から選べる、タイ発のハーブティー。お好みでカラフルなタピオカまでトッピングできちゃう。かわいい上に美容にも良いので女性に大人気!

耀盛號(ヨウセイゴウ)

ここには元祖キャラクター中華まんともいえる、ハリネズミの姿形をした「ハリネズミまん」が10年以上売られています。揚げてあるので外がサクッ、中がフワッとした食感で、中にはカスタードクリームが。ふんわりまろやかな味わいです。ちなみにこのハリネズミまん、本場中国では定番の変わり種中華まんとして親しまれているとのこと。そしてこちらは1個100円!サイズもペロリと食べてしまえる大きさなので、何個かGETして、ハリネズミがたくさんいるかわいい写真を撮ってみては?!

snow SiROiYUKi(スノー シロイユキ)

キラキラ光るカラフルな電球ソーダには中華街らしいパンダが!他にもインスタ映えする杏仁ソーダ、ふわふわかき氷、バタフライピーゼリーinドリンク、レインボーわたあめ、トルネードポテト、チュロスなどメニューが豊富です。店内にはフォトスポットもあり、楽しめる事間違い無し!

ROUROU cafe(ロウロウカフェ)

中華街の裏路地にあるオシャレなカフェ。ピンク色の一軒家。古びた木のドアを開けて店内に入ると、そこは時空を超えた極彩色の異次元空間。ピンクや水色に塗られた壁、古材で仕上げた窓のスクリーンやツリーハウスのような天井、エキゾチックな照明やアジアンテイストの調度品…食器やメニューもフォトジェニックなものばかり。

Pavlov(パブロフ)

まるで小さいパリに来たかのような可愛い店内に、美しいデザインの焼き菓子が並ぶケーキ屋さんです。パブロフのコンセプトは「パリのおしゃれなお菓子屋さん」です。そのコンセプトの通り、店内はフランス人形のドールハウスのような可愛い内装。家具ひとつとっても全てがフランスっぽいのです。店内のどこをみてもフォトジェニック。素敵な写真がたくさん撮れちゃいます。

1