1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

この記事は私がまとめました

kyama77さん

●4月から始まった新学期

新年度が始まり、進級進学を迎えたお子さんを持つ親御さんは多いだろう。

「新しい環境」というものに対し、期待に胸を躍らせた子どもたちがいる一方、元気をなくしてしまう子どもたちも珍しくない。

●新学期の季節には、子供たちの「ヒエラルキー」の組み替えが起こりやすい?

4月は進級・進学の季節。学校では子供たちの「ヒエラルキー(序列)」の組み替えが起こりやすい。

子どもも大人も、学校や職場、地域などの何らかのコミュニティに所属すると、その集団内に独特な関係性が生まれるものです。

特にコミュニティが大きくなると、そこにはさまざまな個性の人間が混在し、集団内で、似たような特色の人同士が集まり、小さな集団を形成し始めます。

●そもそも「スクールカースト」とは?

学校のクラス内で、勉強以外の能力や容姿などにより各人が格付けされ、階層が形成された状態。

階層間の交流が分断され、上位の者が下位の者を軽んじる傾向があることから、いじめの背景の一つともみなされている。インドのカースト制になぞらえた語。学級階層

・1軍、2軍、3軍のような形にわけられるという

九州北部の住宅街にある小学校。5年生の担任をしていた教員(40代)は、いじめをテーマにした授業後、

ある女子児童が書いてきた感想文でその現実の一端を知った。「女子は1軍、2軍、3軍に分かれている」

教室内のグループが1軍、2軍、3軍のような形にわけられ、いわば「イケてる子」が1軍、

その認定から遠く離れると3軍という格付けになる。中には、そうした階層にすら入れてもらえない戦力外扱いの子どももいるらしい。

●主な「スクールカースト」の事例

・鼻水をよくティッシュで拭く男児に「ばい菌」「食べ方が変」など中傷を先導する

感想文を書いたキョウコによると、1軍は流行に敏感でオシャレなグループ。まじめで勉強ができるのが2軍。いずれにも疎いのが3軍で、キョウコは3軍。1軍トップがアオイなのだという。

(文中いずれも仮名)

クラスには、鼻水をよくティッシュで拭くタケルがいた。「ばい菌」「食べ方が変」。いわれのない中傷を先導したのがアオイ。周りの女子も同調して掃除中、誰もタケルの机に触らない。
タケルは不登校になった。

・はっきりとした理由がないのに仲間外れのような扱いをされる

最近では、はっきりとした理由がないのに仲間外れのような扱いをされることもあるみたいです。

“人と違う”というのが主な理由のようですが、明確に優劣がつく部分とは別のところで発生するようで、自分の子どもが知らず知らずのうちに巻き込まれないか心配です』(40代女性/1児のママ)

1 2 3