1. まとめトップ

原子力村にふるさと納税…相次いで炎上した騒動に様々な声

原子力業界団体サイト「あつまれ!げんしりょくむら」が無神経過ぎると閉鎖。福岡県直方市のふるさと納税返礼品の発送遅延が詐欺だと謝罪。相次いで炎上した騒動に様々な声があがっていました。

更新日: 2019年04月13日

2 お気に入り 1225 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

nyokikeさん

▼原子力業界団体サイトが「無神経すぎる」と炎上し、閉鎖された

【炎上】原子力業界団体サイト「あつまれ!げんしりょくむら」が閉鎖 news.livedoor.com/article/detail… ポップなデザインに加え「原子力村」「御用」といった単語が使われていたため「無神経すぎる」などと批判が相次いでいた。 pic.twitter.com/JaQRATAVpV

原子力関連の企業などでつくる団体が、若い世代向けに原子力に関する情報を発信する「あつまれ!げんしりょくむら」と名付けたウェブサイトを開設していましたが、「被災者がいるのにふざけている」などと批判が相次ぎ、12日、サイトを閉鎖しました。

日本原子力産業協会は「逆境にある原子力産業が外部に向けて開かれたものであるべきだという考えで開設したが不適切でした。おわびいたします」と話しています。

▼原子力ムラとは? どんなサイトだったの?

原子力発電を巡る利権によって結ばれた、産・官・学の特定の関係者によって構成された特殊な社会的集団及びその関係性を揶揄(やゆ)または批判を込めて呼ぶ用語。

開設は8日。ホーム画面いっぱいに戦国武将や妖怪、ピエロのような大勢のキャラクターを、コミカルなタッチで掲載。

サイトには、海外の若い原子力研究者から同世代の日本の研究者への応援メッセージや、魚に含まれる放射性物質の検査方法なども紹介されていました。

昔の日本の町並みをコミカルに描いたトップページから「kurofune(黒船)」というメニューを開くと、米国人らが「原発を再稼働してくれてありがとう」などと原発礼賛のメッセージを寄せる画面も。

こうしたサイトは、電力会社や原発が立地する自治体などからの会費で製作されています。

▼原発事故の影響が残る中での騒動に様々な声が聞かれました

このサイトをめぐっては、ポップなデザインに加え、ネット上で使われる「原子力村」や「御用」といった単語が使われていたため、

「国民をバカにしたようなものいい。なにこれ」
  「原子力ムラ自ら公言するとは思わなかったです」
  「原発事故で故郷に帰れない人達が大勢居るのに、無神経過ぎないかこのサイト」

などの批判が相次ぎ、「炎上状態」となっていた。

いろいろズレてるとしか言いようがない。→原子力団体サイト「炎上」 命名や絵柄「ふざけすぎ」 | 河北新報オンラインニュース / ONLINE NEWS kahoku.co.jp/naigainews/201…

思ったよりすごかった。 原子力団体サイト「炎上」 命名や絵柄「ふざけすぎ」 | 共同通信 this.kiji.is/48917497089214… "ウェブサイト「あつまれ!げんしりょくむら」を開設" pic.twitter.com/uHKF4B3Sa7

ナンダコリャ 「日本原子力産業協会」とやらが、「原子力村」サイトを開設してる~。しかも、自分たちが言いたいことを外国人に尤もらしく語らせる卑怯さ。「クロフネ」になぞられてもねぇ…平成の眠りを覚ますことはできないと思うわ。village.jaif.or.jp

地球規模で被爆者や死者を出す原発事故に何ら責任を感じることなく、ふざけても許されるだろうと大威張りでふんぞり返る..こんな下劣な連中が袋叩きにあわないのは日本くらいのものだろう #原子力村 #Fukushima #福島 a.msn.com/01/ja-jp/BBVR2… 原子力団体サイト「#炎上」 命名や絵柄「ふざけすぎ」

原子力団体サイト「炎上」 命名や絵柄「ふざけすぎ」 a.msn.com/01/ja-jp/BBVR2… こんなんで興味もつかはさておき原子力研究に誰も興味持たなくなったら汚染の除去方法の研究も進まなくなりそうなのだが…それがお望みならまぁいいか。

▼福岡県直方市のふるさと納税返礼品が届かない…

福岡県直方市のふるさと納税返礼品のうち、遅くとも1月中に届けることにしていた家電製品が4月になっても約1500件が寄付者に届かず、市に抗議が殺到している。

市によると、昨年12月の1カ月限定で、腕時計型端末「アップルウオッチ」やトースターを返礼品に加え、約8千件、約11億円の寄付金が集まった。

しかし、2月上旬になっても、ほとんど発送されず、3月初めの段階で約7000件が未発送だった。

発送遅れについて、業者は「仕入れが計画通りに進んでいない」と説明しているといい、取材に対し、市は「多くの寄付を集めようとしたが、見通しについて精査が足りなかった」と釈明した。

市は3月に「4月中に市が責任を持って対応する」と寄付者にメールで連絡し、業者も入手できた品から発送しているが、アップルウオッチとバルミューダトースター計884件は、今月中に発送できないことが分かり、ギフト券に代えることとした。

今月中に届けるめどが立たない品について、市は製品価格相当のギフト券3095万円分を寄付者に贈ることを決めた。

・業者の選定に問題はなかったのか? 別の市でもトラブルが…

業者と契約する際、市は、佐賀県内の自治体での実績や比較的安価で契約できることを考慮したとしている。

1 2