1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

『あなたの番です』だけじゃない!「原田知世」のおすすめ作品

2019年4月期春ドラマ『あなたの番です』に主演する「原田知世」のおすすめ映画・ドラマ。『時をかける少女』、『私をスキーに連れてって』、『紙屋悦子の青春』、『しあわせのパン』、『紙の月』、『運命に、似た恋』、『半分、青い。』。

更新日: 2019年09月19日

3 お気に入り 11110 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

【映画】

◆『時をかける少女』(1983)

監督:大林宣彦
脚本:剣持亘
原作:筒井康隆
出演:原田知世、高柳良一、尾美としのり

筒井康隆の原作を大林宣彦監督が映画化したSFファンタジー。和子はひょんなことから未来を知る能力が備わる。そして友人から衝撃の事実を知らされ…。原田知世の映画デビュー作。

『時をかける少女』 ★★★★★5.0点。 傑作です。良くも悪くも、オードリー・ヘップバーンにとっての「ローマの休日」のように、原田知世さんにとっての代表作です。この作品以上のエンディングを、まだ観たことがない… filmarks.com/detail/20079/4…

時をかける少女の最高傑作は原田知世版。異論は認めない。

録画した大林宣彦監督『時をかける少女』…本当に久々に観たが、尾道の道や坂が本当に狭くて、そこをちょこちょこ行く原田知世の小動物のような可憐さが作品の最大の魅力だとわかった。あの舞台の狭さが成長過程の少女の抑圧や切迫感を際立たせ、大林版『時かけ』を特別な傑作に輝かせてる!

◆『私をスキーに連れてって』(1987)

原作:ホイチョイ・プロダクション
監督:馬場康夫
脚本:一色伸幸
出演:原田知世、三上博史、原田貴和子、沖田浩之

クリスマス・イヴのゲレンデで出会った男女の恋の軌跡をハートフルに綴る。“スキー”をモチーフに、現代の若者像を瑞々しく切り取った演出や、ゲレンデでの躍動感溢れるアクションなど、後に“ホイチョイ・ムービー”と呼ばれる礎を築いた記念作。

『私をスキーに連れてって』(1987, 馬場 康夫) 在りし日のトレンディドラマのツボを全て押さえたような映画で、ハラハラはしないものの非常に安心して楽しめた。夜間のスキーアクションは迫真の出来。まあ、要するにユーミンと原田知世は最高だってことです。皆さんお若い! pic.twitter.com/cOIFw6NZHL

名作『私をスキーに連れてって』を鑑賞。 ボコボコ三部作の第一作。 約30年前の作品です。 カセットテープに時代を感じました。 三上博史さん演じる冴えない商社マンがいい味を出しています。 そして原田知世さん、可愛かったです。 作品全体のバブリーな雰囲気が好きですね。 pic.twitter.com/SPBWTRj7YA

入社1年目の新人クンと、なぜか松任谷由実の話題になり その流れで、何百回目かの『私をスキーに連れてって』鑑賞w 不朽の名作とはまさにコレ、何度見ても胸キュン←だよね。 19歳の原田知世が透明感しか無くて・・・なんとも愛おしい。。。 スタッドレスはいてるし、今から雪道を駆け抜けたい衝動w

◆『紙屋悦子の青春』(2006)

監督:黒木和雄
脚本:黒木和雄、山田英樹
出演:原田知世、永瀬正敏、本上まなみ、松岡俊介

「父と暮せば」などの名匠、黒木和雄の遺作となった人間ドラマ。敗色濃厚な第2次大戦末期を背景に、男女3人の出会いと痛切な別れの物語を情感豊かに描き出す。

「紙屋悦子の青春」 じわじわと効いてくる映画だった。 原田知世、素晴らしい。 (2年前の7月に録画) pic.twitter.com/MQL8OUBntD

「紙屋悦子の青春」をBSでみました。昭和20年春、一番好きな人と一緒になれなかった鹿児島の女性の物語。戦争は人の命と青春を奪ってしまう。戦闘シーンのない、とても静かな反戦映画。原田知世、永瀬正敏、本庄まなみ、松岡俊介、いい演技でしたamazon.co.jp/dp/B000N0WBFE/…

終戦記念日なので、『紙屋悦子の青春』を見る。昭和二十年の春の四日間、ごく僅かなシークエンス、主要五人の登場人物、ほぼ大半が屋内、物語はほぼない。なのに悦子の慟哭が胸に迫って仕方がない。平凡な鹿児島の家族の日常が淡々と長廻しとフィックスで紡がれるだけで、戦争の実態が浮き上がる傑作。

◆『しあわせのパン』(2012)

監督:三島有紀子
脚本:三島有紀子
出演:原田知世、大泉洋、森カンナ、平岡祐太

原田知世、大泉洋主演のハートウォーミングドラマ。北海道でパンカフェ・マーニを始めた夫婦、りえさんと水縞くん。水縞くんがパンを焼き、りえさんがコーヒーを淹れ料理を作る。そこには日々いろいろなお客様がやって来る。

原田知世と大泉洋

『しあわせのパン』 ここに来たら幸せに。善人の営むカフェに旅人が訪れる。 三島有紀子監督が切り取る洞爺湖の景色は雄大。原田知世は可愛さの権化。大泉洋の北海道感。料理も薫る四季折々。癒し癒され人は成り立つ。気づけば涙。楽天トラベル満点確実。この場所に行きたくなる。 #1日1本オススメ映画 pic.twitter.com/zbOnfSAtKj

原田知世さんと大泉洋さんの「しあわせのパン」観てきたぁ~。この映画、最高です!とにかく最高っ!!今まで観た中で1位かもしれない!!微笑みと涙が詰まった傑作!みんな、観てぇ~!オススメです☆

こんばんは!今日は立川に映画「しあわせのパン」を観に行ってきました。素晴らしかった!北海道の美しい自然に見劣りしない原田知世さんの美貌!心に病を抱えた女性を暖かく包みこむ大泉洋や地元の人々!あがた森魚さんが、素敵な役を演じています!ハートウォーミングな傑作!

【ドラマ】

1 2