1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

あの頃めちゃ食べたかも。歓喜した平成スイーツを振返る

平成もあと少し…あの頃食べた懐かしいスイーツ。今でも食べられてる味も!マイブームがあったのでは?

更新日: 2019年04月21日

14 お気に入り 78642 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

pinkswan999さん

◎もうすぐ平成も終わり。流行ったスイーツが懐かしい…

「懐かしい」のひとことですね。流行ったと言っても、ひとそれぞれに「マイブーム」がある

@11m 甘い甘いスイーツに、懐かしい思い出を添えて。

◎空前の大ブームで現在も継続ですね!平成2年(1990年)「ティラミス」

かれこれ25年前、そのティラミスに空前の大ブームがあったことを覚えているだろうか?

チョコレーなどのお菓子や菓子パンにもティラミス味が登場し、コンビニでも販売がスタートと、驚異的なスピードで日本全国にティラミス旋風が巻き起こることとなる。

▼イタ飯ブーム…そこへティラミスが登場

イタメシブームの流れが突破口となり、爆発的なスイーツブームを築いたのは、マスカルポーネチーズを使ったイタリア菓子「ティラミス」だった

流行ったのが平成になった直後の1990年前後というのも象徴的だ。ここから食はファッションのごとくトレンドの対象となり、人々の好みも和食から離れていく。

あーそうそうティラミスね。 平成に変わった頃そうそう。 流行ったな。イタ飯ww 衝撃だったわよ。 バブリー、バブリーww #mrサンデー #平成の思い出

平成時代を振り返るという記事で「ティラミス」の名前が出てきました(平成2年に流行したんですね)。令和になっても、ティラミス、好きですよ。

◎突如彗星のごとく!平成5年(1993年)「ナタデココ」

平成5年にフジッコがナタデココの自社生産を開始し、TV©コマーシャルの子フレーズ供のダンスとがお茶の間で話題になる。

ブームは猛スピードだった。最初はエスニックレストラン、中国料理店が飛びつき、翌93年には和食、イタリアン、フルーツパーラー、ファストフードー……と、あらゆるジャンルに波及した

スーパーやコンビニでは店頭に並んだ途端に売り切れ続出で、生産が追いつかずに一時期伝説の食べ物のようになった。

▼食感に衝撃を受けました!

ナタデココは「なんじゃこりゃ?」という、別の意味での衝撃でした。

今では各種食品、飲料と組み合わせて、デザートや菓子として売られている。

ナタデココのコリコリした食感いいよね…グミとか噛みごたえあるもの好きだからひたすらに美味しい

@itoen1966_jp 懐かしい! 年齢バレちゃうけど、小学校卒業文集の好きな飲み物欄に、皆んな揃ってナタデココて書いていたことを思い出しました笑 #伊藤園 #ナタデココ

◎火付け役は「マネケン」平成9年(1997年)「ベルギーワッフル」

平成9年にはマネケン創業者が本国ベルギーから勲章をもらい、ベルギーワッフルが世間から注目され、専門店がいくつも誕生し、コンビニにも登場。

1 2