1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

いったい何が…あの「サマンサタバサ」が業績不振で社長交代

若い女性用のバッグを製作、販売しているサマンサタバサが危機に陥っているようです。

更新日: 2019年04月13日

12 お気に入り 121051 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼のおける情報を基に作成しています。

■サマンサタバサ

サマンサタバサは、株式会社サマンサタバサジャパンリミテッドが企画・製造・販売を行っている小物・ジュエリー、ゴルフウェア・特にバッグのブランド

サマンサタバサ(Samantha Thavasa)は日本のバッグブランド。1994年、寺田和正が創業。同年4月には1号店(渋谷パルコ店)をオープン。

女性向けファッションブランド。主にバッグやジュエリーを販売し、若い女性の人気を集めている。なお、日本で創業された企業

■若い女性に大人気なブランド

サンタさんが サマンサのロイヤル キーケースくれた サマンサベガもプチチョイスも かわいいからサマンサ大好き pic.twitter.com/vsWe8KxuzL

今日は川崎で買い物したんだけど大好きなサマンサのバックかってもらった☺️ げきかわいいー

お姉から財布\(^o^)/ お誕生日ということで、欲しかったサマンサの財布プレゼントしてくれた! あと、大好きな自分ツッコミくま! かわいい〜♡ ありがとうお姉。゚(゚´ω`゚)゚。 pic.twitter.com/0fJMxAFSv7

@hajimesyacho 人生初サマンサ 私には可愛すぎるけど やっぱりかわいいの大好き 明日から使うの楽しみだよ ꒰ᐢ⸝⸝•༝•⸝⸝ᐢ꒱

■この大人気ブランドが窮地に陥ってる

サマンサタバサジャパンリミテッドの2018年2月期は、純損益が36億円の赤字(前期は4億7000万円の赤字)で終わった

純損失が13億3,700万円(同 36億6,900万円の赤字)で、3期連続の最終赤字(親会社株主に帰属する当期損益)に沈んでいる。

■「店舗閉鎖」や「個人消費の低迷」が業績悪化の要因のようだ

更にアパレルブランドに進出したという理由もあるようです。

理由は、2013年に婦人服ラ・エストを買収し、流行に左右される利益を生み出すまで時間のかかるアパレルファッションビジネスに進出したから

2020年2月期の連結業績予想は売上高278億8300万円、当期純利益は3億600万円の黒字転換を見込んでいる。

■この赤字の責任を取り創業者の「寺田和正代表取締役会長兼社長」の退任が決まった

サマンサタバサジャパンリミテッド創業者の寺田和正代表取締役会長兼社長が、4月25日付で同職を退任する

寺田氏が保有するサマンサの株式の半数を紳士服小売大手の(株)コナカ(TSR企業コード:350617880、横浜市、東証1部)の代表取締役社長の湖中謙介氏に譲渡することも発表

■サマンサだけではなく苦境に立たされている企業が…。あの文教堂も

文教堂HDは2018年8月期連結決算が債務超過となり、その後も解消できず、上場廃止の猶予期間(2019年8月31日まで)に入っている。

1 2