おさらい、トランス脂肪酸

マーガリンを筆頭に、製品の製造過程において植物油に人工的に水素を添加し固形化させることにより発生してしまう脂肪酸で、このトランス脂肪酸による健康被害は世界的に大きな問題となっています。

トランス脂肪酸を多く含む日本の食品は?

やはり、ショートニングがダントツの1位です。
100gあたりのトランス脂肪酸含有量は1.2~31g。パンや洋菓子に良く使われていますよね。

出典【ランキング】マーガリンだけじゃなかった!トランス脂肪酸が多い食品とは? | 神様の食材

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

トランス脂肪酸を多く含む食べ物

トランス脂肪酸を多く含む食べ物は、ショートニング、マーガリン、ファットスプレッド、マヨネーズなど。また当然のことながら、これらを原材料とする食品・お菓子にも多く含まれます。トランス脂肪酸は、植物油に人工的に水素を添加し固形化させることにより発生します。

このまとめを見る