次に多い食品とは

ショートニングに次いで多い商品群が、以下の食品です。カッコ内は100gあたりのトランス脂肪酸含有量です。

・味付けポップコーン  (13g)
・マーガリン     (0.94~13g)
・コンパウンドクリーム (9~12g)
・ファストスプレッド (0.99~10g)

味付けポップコーンだって!? 

昔っから映画館では、バリバリ好んで食べてました(汗)ポップコーンがマーガリンと同等かそれ以上だったとは、意外ではないですか?

出典【ランキング】マーガリンだけじゃなかった!トランス脂肪酸が多い食品とは? | 神様の食材

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

トランス脂肪酸を多く含む食べ物

トランス脂肪酸を多く含む食べ物は、ショートニング、マーガリン、ファットスプレッド、マヨネーズなど。また当然のことながら、これらを原材料とする食品・お菓子にも多く含まれます。トランス脂肪酸は、植物油に人工的に水素を添加し固形化させることにより発生します。

このまとめを見る