フライドポテトなど、揚げ物

トランス脂肪酸は、植物油を「温度が高い状態で、長く加熱する」ことでも生まれます。

ファストフードの揚げ物が分かりやすい例です。途切れることのないお客さんに対応するため、フライヤーはいつでも揚げ物ができるよう、つねに熱せられています。

また、揚げ油にショートニングが使われている可能性もあり、これらがトランス脂肪酸の発生要因。外で買う揚げ物はトランス脂肪酸たっぷりだと認識していいでしょう。

出典全米が禁止したトランス脂肪酸が悪い理由。子供の脳は大きいダメージを受ける!マーガリン、ショートニングは要注意! | しちだ・ライフ公式ウェブマガジン

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

トランス脂肪酸を多く含む食べ物

トランス脂肪酸を多く含む食べ物は、ショートニング、マーガリン、ファットスプレッド、マヨネーズなど。また当然のことながら、これらを原材料とする食品・お菓子にも多く含まれます。トランス脂肪酸は、植物油に人工的に水素を添加し固形化させることにより発生します。

このまとめを見る