1. まとめトップ

【迫真】16才ペレ、代表初ゴール         【伝説の始まり】

日本のマスコミはとてもレベルが低いので、紹介していない、ペレの代表初ゴールの時の模様を紹介します。

更新日: 2019年04月30日

0 お気に入り 510 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

「サッカー史上最高の選手、ペレ」の16才の時の、ブラジル代表、初ゴールの模様を紹介します。メッシは、この頃は、まだプロ選手でも何でもなかったですね。                     なんで日本人は「メッシが史上最高」と言う人間が多いのか、全く分かりません。

rulliさん

【本編開始】

以上、【ペレ、豆知識】でした。

プロ1年目、16才でデビューして、
1年目から得点王になるなんて、
本当にペレは「天才」ですね。
日本人はTBSの『消えた天才』とかいうバカ番組を
見て生きているので、本当の天才を知らない。
だから頭のとてもおかしい民族だと思います。
本当の天才は、プロ1年目で得点王で、
プロ2年目、17才(日本だと高校3年生)、
でW杯を主役で優勝してます。

ペレは、メッシというW杯優勝できない凡才とは、
違いますね。
その後、ペレはプロ・デビュー1年目から
「9年連続、得点王」の記録を作りました。
やっぱり、メッシとは格が大きく違いますね。

写真は、10代の時のペレ。

ペレは16才で初参加したリーグ戦1年目から 
大活躍し得点王になった(その後9年連続得点王)
そしてこのシーズン中、ブラジル代表に選ばれた。

ブラジル代表に弱冠16才でデビューした(1957年の7月7日)。デビュー戦が強豪アルゼンチン代表との対戦だったが、途中出場して代表初得点を決めた(試合は1対2で敗れた)。
3日後、再びアルゼンチンと対戦し初先発してまた得点した。ペレは1ゴールを決めた。ブラジルは 2対1で勝利した。
ペレは16才だったが強豪アルゼンチンから2試合連続ゴールをした。ペレはブラジル代表デビュー戦から怪物ぶりを発揮した。

写真、左端が ペレ。シュートを撃った。

リオ・デ・ジャネイロのマラカナン・スタジアム
で行われた「コパ・ロカ」という、
両国の「定期戦の大会」に、ペレは出場した。
(観客8万人)

彼は、後半から出場し、
後半31分、同点ゴールを決めた。
しかし、その1分後、アルゼンチンが追加点を決め
試合は、1-2で敗れた。

ペレは16才で、ブラジル代表に定着した。            そして翌1958年、W杯に17才で挑戦した。

写真中央は、W杯1958年大会で決勝戦終了直後、優勝して感動して泣いているペレ。まだ17才だった。右は、GKのジウマール。

ペレは最年少だったがチームのエースで、
チーム得点王となりブラジルを優勝させた。
ブラジル悲願の初優勝は17才の少年の大活躍によってもたらされた。

ペレは弱冠17才で12月にサンパウロ州リーグの得点王になった半年後、翌年6月のW杯でMVP級の活躍で優勝してしまった。
ペレは17才で最大の夢をあっさりと叶えてしまった。

写真は、17才でW杯に優勝して
「優勝トロフィー」を掲げるペレ。

ペレはW杯に大会史上最年少17才で参加して話題の選手になっていたが、大会が終わった時には主役になってしまい更に話題となり、この大会以降、
サッカー界で一番注目される選手となってしまった。

ペレは17才で既に「スーパー・スター」になってしまった。

彼はまさに天才、怪物と呼ぶべき選手だろう。

ペレはW杯準決勝のフランス戦で17才で3得点して、ハットトリックを達成した。
彼は未だに「W杯最年少ハットトリック記録」を持っている。恐らくこの記録は永遠に破られないだろう。

日本人よ。高校サッカーで、
「天才」だの何だの騒ぐ、バカな事はいい加減、
止めろよ。
TBSは「消えた天才」とかいうバカな番組を
作るなよ。
天才は、「高校3年で、W杯を主役で優勝する」
んだよ。

1 2