1. まとめトップ

FFといえば「ファイナルファイト」の略だろ…!(FFシリーズ紹介)

我らのベルトスクロールアクションの先駆けとして世に知らしめた「ファイナルファイト」シリーズを販売されたものだけをわかる範囲でまとめました。

更新日: 2019年04月14日

1 お気に入り 4145 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

FFといえば「ファイナルファイト(FF)」と言うのは皆が知るところ。そんなファイナルファイトシリーズの魅力を簡単にまとめました。

魁堵さん

▼「ファイナルファイト」シリーズ一覧

1.『ファイナルファイト』(1989年/SFC、3DS)

ジャンル:ベルトスクロールアクション
対応機種:AC、SFC、Wii、3DSなど
発売日:1989年

『ファイナルファイト』シリーズの第1作。様々な家庭用機種にも移植された上に、数作の続編が作られて、かつベルトアクションを定番化したことでも有名。

ゲーム本編のレイアウトは常に横向きだが、プレイヤーは上下(奥行きがあり、画面上は奥と手前への移動となる)左右に自由に移動できる。体力は画面上にゲージで表示される。

難易度は非常に高いが、単純で爽快な内容とテクニックを覚えると有利に進められるバランスの良さがヒットを博した。

ゲーセン「連コイン」問題の先駆けでもある。

お前、FFって言ってファイナルファイト持ってきてどうするんだよ!

内容

大西洋に面した[注釈 1]都市「メトロシティ」を牛耳る巨大な犯罪集団「マッドギア」に娘「ジェシカ」を攫われた市長「ハガー」と彼女の恋人「コーディー」、そして彼の友人「ガイ」は囚われの彼女を救出するためマッドギアに戦いを挑む。

プレイヤーは上記キャラクター「ハガー」・「コーディー」・「ガイ」の3人(スーパーファミコン版は「ガイ」を除いた2人)から1人を選択し、街中から現れる敵キャラクターを倒していく。2人同時プレイも可能(スーパーファミコン版は1人プレイのみ)。

現在DL販売中のファイナルファイトは2人プレイ可能であるAC版ベースである。

2.『マイティファイナルファイト』(1993年/FC、3DS)

ジャンル:ベルトスクロールアクション
対応機種:FC、WiiU、3DSなど
発売日:1993年

『ファイナルファイト』をベースに様々なアレンジを加えたファミコン向け作品。

シリアス成分はかなり少なく、「マッドギアのクイズ王」を名乗って戦闘前にクイズを出してきたり、戦闘でもあつーいキス攻撃を仕掛けてくるアビゲイルや、戦闘前のやりとりでこちらの選択次第では勝手に凹んでダメージを受けるダムドを含めてかなりコミカルなアレンジが施されている。

また、本作ではレベル制が導入されており、敵を倒して経験値を一定量獲得するとレベルアップして各種能力がアップしたり、必殺技を修得出来たりするようになる。

あとファイナルファイトって何もクリアしてないと思ったけど、ファミコンのマイティファイナルファイトはクリアしてたわ('ω') 確かノーコンティニューが条件みたいでスタッフロール見られなかったけど(ソフト単品なので必殺技の存在を知らず無意識のうちに縛りプレイをしながら)

内容

巨大都市・メトロシティ。
そこの市長であるマイク・ハガーの娘、ジェシカは飛び抜けた美しさと明るさで、街の人達の心の支えになっていた。
だが、そんな彼女を自分一人のものにしようと企む者がいることに気付いた人間は、まだ誰もいなかった。

???「愛しのジェシカちゃんが私のものとなるのも当然の事なのだよ…」

数日後…。
ハガーの元にジェシカが何者かにさらわれたとの報せが!

3.『ファイナルファイトONE』(2001年/GBA、WiiU)

ジャンル:ベルトスクロールアクション
対応機種:GBA、WiiU
発売日:2001年

FFのGBA向け移植作品。PIは森気楼氏が担当。

本作はAC版の移植と言うよりも、SFC向けに移植された『ガイ』をベースに1つに落とし込み、かつ追加要素を加えた完全版である。

追加要素のほとんどが、プレイ中の総撃破数が規定値を超えると解禁される隠し仕様となっていることでも有名。

@syuuzou124 @terraria_azu 元々FFはファイナルファイトですもんね(*^▽^*) 結構同じ方がいるみたいですよ☆

隠し要素

『ストリートファイターZERO3』仕様のコーディー・ガイが使用できます!

『ストリートファイターZERO3』という同じカプコンから発売されている人気格闘ゲーム版のコーディー・ガイが使用できるのですが時間軸的には『ZERO3』の方が後ですのでタイムスリップしたようなパラレルワールドような感じです。

4.『ファイナルファイト2』(1993年/SFC、3DS)

ジャンル:ベルトスクロールアクション
対応機種:SFC、WiiU、3DS
発売日:1993年

前作の続編。使用できるキャラクターは源柳斎マキ、前作から続投のハガー、そして義侠心から助太刀を買って出たカルロス宮本の合計3人。

前作と比べるとグラフィックや操作性は大味。だが敵へ与えられるダメージは前2作より少なくなったが、逆に敵から受けるダメージも少なくなった。さらに前2作では不可能だった2人同時プレイが可能になり、コンティニューの際もステージの途中からプレイ再開可能。隠しコマンドにより、同キャラクター2人同時プレイが可能となる。

内容

平和を取り戻したかに見えたメトロシティ。
しかし市長ハガーは不安に包まれていた。
マッド・ギアの残党が「世界征服計画」を声明したからだ。

そんなある日、市長室の電話が鳴った。
「マッド・ギアの連中に父とレナ姉さんがさらわれてしまったの」
緊迫した声は、源柳斉の娘でガイの幼なじみでもあるマキだ。
「なにっ、とうとうマッド・ギアの奴らが・・・」
ガイが修行の旅で不在の今、すべてはハガーの双肩にかかっている。

2人が拉致されている香港で、マキと落ち合う約束をしたハガー。
ハガーのもとにいる格闘家カルロス・宮本を仲間に加え、香港へと飛び立つのであった。

よりハードでリアルに繰り広げられる、世紀末ファイト。
世界各国を舞台に、マキ、ハガー、カルロスの死闘が始まる。

5.『ファイナルファイトタフ』(1995年/SFC、3DS)

1 2