1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

意外と知らない自動車保険の特約をまとめてみました。会社によってはないかもしれないので注意してください。

ファミリーバイク特約

記名被保険者、その配偶者またはこれらの方の同居のご親族・別居の未婚のお子さまが原動機付自転車を使用中などに生じた事故を補償する特約です。この特約には、人身傷害型と自損傷害型があります。

対物超過特約

対物賠償保険が適用される事故で、修理費用が相手自動車の時価額を超え、被保険者が超過修理費用を負担する場合に、超過分の修理費用に被保険者の過失割合を乗じた額を保険金としてお支払いします。

例えば、事故発生時に相手方の車両が高級車や業務用車両、年式の古い車両だった場合、自動車の修理費用は時価額を上回ることが少なくありません。
いざというときのために加入する方が多い特約です。

人身傷害(搭乗中のみ補償)特約

人身傷害保険の補償範囲を搭乗中のみに限定して保険料を下げる特約です。

この特約を付帯した場合は、人身傷害保険で補償される、自転車運転時や歩行中の自動車事故は、対象となりません。

例えば、自動車を2台お持ちで当社で保険契約をされている場合は、人身傷害の補償範囲となる「自転車運転時や歩行中の自動車事故」は契約車両を問う事故ではないので、それぞれの人身傷害保険から重複して補償されている状態です。

こういった場合には、いずれか一方にこの「人身傷害(搭乗中のみ補償)特約」を付帯することにより保険料を下げることが可能なので、ぜひご検討ください。

弁護士特約

「弁護士特約」が役立つ時は、こちらが「完全な被害者」になった事故です。その場合、保険会社は示談交渉してはならないという法律があります。

そのため通常、自分で相手の保険会社と交渉する必要が出てきます。「弁護士特約」があれば弁護士費用の補償があるうえで法のプロに任せることができます。

お持ちの車が複数台あっていくつかの保険契約をしている時には、1台目の保険で付けた弁護士特約で「記名被保険者とその家族」が補償対象になるので、2代目以降に弁護士特約は必要ありません。重複がないかチェックしましょう。

車両積載動産特約

盗難や偶然な事故などによりご契約の自動車に損害が生じ、その事故などによって自動車の室内・トランク内などに積載している動産に生じた損害に対して保険金額を限度に保険金をお支払いする特約です。盗難の場合は、ご契約の自動車本体が盗難*にあわれたときに限り補償の対象となります。車上狙いなど積載中の動産のみ盗難にあわれた場合は、補償の対象外です。

個人賠償責任特約

日本国内で発生した自動車※1に起因する事故以外の日常生活の事故によって、ご契約者またはご家族(別居の未婚の子を含みます)が他人にケガをさせたり、他人の財物に損害を与えたりして、法律上の損害賠償責任を負った場合に保険金をお支払いします。示談交渉サービス付き※2で保険金額は無制限です。

※1自動車には、原動機付き自転車、自動二輪車を含みます。
※2一部示談交渉サービスを行うことができない場合があります。

他車運転特約

友人や知人などから借りたお車で事故を起こしてしまった場合に補償します。

友人や知人などから臨時に借りたお車を運転中の事故について、対人賠償保険、対物賠償保険、人身傷害保険および車両保険のうちご契約にセットされている補償の保険金をお支払いします。

不正アクセス・車両の欠陥等による事故の被害者救済費用特約

ご契約のお車の欠陥や不正アクセス等による事故で相手にケガをさせてしまったり、相手のモノを壊してしまった場合等で、ご契約のお車の運転者等に法律上の損害賠償責任がなかったとき、被害者救済費用保険金をお支払いします。

子供特約

被保険者の子供が運転するようになったとき、特約をつけることによって比較的安い保険料で子供の事故も補償してくれるというもの。子供の年齢によって保険料に差がつきますが、主契約の年齢条件そのものを変えるよりはおトクです。 ただし、保険会社によっては売り止めのところも多いようです。

新車取得費用担保保険特約

この特約をつけていると、契約時に設定しておいた価格を限度に、新車の購入費用をまかなえるというもの。通常、車が損傷を受けた場合、車両保険から支払われるのは、修理費か時価額が上限になり、新車同様の車が全損となっても、新車を買えるだけの保険金は受け取れません。この保険を使うことはレアケースではありますが、新しい車を所有していて、万一のことが心配な人は検討してみるとよいでしょう。

1 2