1. まとめトップ

夏のダイエット!プロテインダイエットの正しい方法、食事の置き換え方は?

プロテインダイエット、一度は耳にされた人も多いのではないでしょうか。どのようにすればいいのか、どういったことに注意すればいいのか。正しい方法を知って、リバウンドしにくいダイエット方法を身につけましょう。

更新日: 2019年08月15日

2 お気に入り 7802 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

hayate15さん

プロテインには種類がある

プロテインという名前を聞くと一種類の物質名のように感じてしまいがちですが、そもそもプロテインとはタンパク質のことです。

ホエイとは?

牛乳から乳脂肪分と固形たんぱく質を除いて残ったもの、それがホエイ(乳清)です。

皆さんが目にしやすいものでいうと、ヨーグルトです。ヨーグルトを食べる時に半透明の液体が出てくるのですが、その液体こそがホエイです。

カゼインとは?

カゼインはホエイを作るために取り除いた固形たんぱく質から作ったものそのものを指します。

皆さんが目にしやすいものでいうと、ホットミルクです。ホットミルクを作ってしばらく時間が経つと膜が浮かんでくるのですが、その膜がカゼインです。

プロテインダイエットとは

プロテインダイエットとは、一般的に食事の一部をプロテインサプリメントに置き換えるダイエット法のことをいいます。置き換えをすることで、摂取カロリーをおさえることが可能ですが、他の必要な栄養素の摂取も減ることから、体調不良やリバウンド等の原因となる場合があります。ダイエットの基本は、バランスのよい食事からです。まずは、現状の食事内容を見直し、余分に摂ってしまっているカロリーをカット。また、不足している栄養素の補足としてプロテインを摂ることがのぞましいでしょう。

プロテインダイエットの効果をさらに上げようとするならば、まずはきちんとルールに従ってダイエットを継続させることと、適度な運動を行うことがあります。

プロテインダイエットのメリット

食事量を減らすことで不足しがちなタンパク質、ビタミン、ミネラルなどの栄養素を補給できることです。

これらの栄養素はエネルギー代謝にも関わっているため、不足すると代謝低下につながる可能性があります。

プロテインダイエットのデメリット

自己流で食事をプロテインのみに置き換えたり、極端に食事量を減らすと、一時的に体重は減りますが、その分、通常食にもどした際にリバウンドをしやすく、なにより体調を崩す可能性があります。

プロテインと食事の組み合わせ方

朝食は「食パンとコーヒー」という方は、そこに「プロテイン+低脂肪乳」をプラスしてみましょう。

バタバタしがちな朝は、それだけでもビタミン、ミネラル、タンパク質が補給できます。

自宅で食事する場合には、食事をする前にプロテインドリンクを飲むことで、食事量を無理なく抑えることが可能になります。

運動を意識するとさらなる効果が

「運動をしたくても時間がない」「運動が苦手」という方は一駅分歩いてみたり、積極的に階段を使ったり、歩行量を増やしてみることからはじめましょう。

そのときに大股を心がけることもポイントです。

プロテインダイエットで気を付けるポイント

極端な置き換えを取り入れた無理な減量は控えましょう。

基本はバランスの良い食事を心がけ、タンパク質、ビタミン、ミネラルなどの足りない栄養素をプロテインで補給することです。

1