1. まとめトップ

2019マスターズゴルフ速報まとめ

2019年マスターズゴルフの速報まとめです。今回はタイガー・ウッズが2005年ぶりにマスターズを制覇するのか?が注目されていますが、フランチェスコ・モリナリが調子良いみたいですね。

更新日: 2019年04月14日

1 お気に入り 2356 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

2019年4月開催のマスターズゴルフのまとめです。

タイガー・ウッズ2005年以来のマスターズ制覇へ

◇メジャー第1戦◇マスターズ 最終日(14日)◇オーガスタナショナルGC(ジョージア州)7475yd(パー72)

2005年以来のオーガスタ制覇なるか―。男子ゴルフの今季メジャー初戦「マスターズ」最終日、首位と2打差の通算11アンダー2位でスタートを迎えたタイガー・ウッズは、出だしの1番をパーで発進した。

トップに立つ2018年「全英オープン覇者」のフランチェスコ・モリナリ(イタリア)、トニー・フィナウとともに最終組で回る。最終日におなじみの赤いウェアに身を包み、2008年の「全米オープン」から11年ぶりとなるメジャー優勝に挑む。

3アンダーの25位で出た松山英樹は6ホールを終えて、通算3アンダー。優勝争いには加われていないが、来年大会の出場権を確保できる12位タイ以内に入れるかが焦点となる。

アマチュアの金谷拓実(東北福祉大3年)は8ホールを終えた時点で2オーバーとした。アマチュア4人が進んだ決勝ラウンドでローアマを獲得すれば、2011年の松山に次ぐ快挙となる。

小平智は3ホールを消化して2オーバーとした。

⛳️いよいよ始まるマスターズ✌️興奮してるのは自分だけかな???⛳️日本の選手頑張ってほしいですね!それとタイガーですね4日間が楽しみです✌️ pic.twitter.com/Om2KDUzLCT

タイガー・ウッズの名言

マスターズですから、タイガーウッズの名言を2つ pic.twitter.com/vbdjOQATQD

”君が今、どれだけ上手くても、もっと上達できるよ”
”他人の期待には、別に耳を傾けなくていい。あなたの人生なのだから
自分の期待に応えればいいんだ”

【マスターズ初日のスタート時間】⛳️ 10:14 PM 金谷拓実 D.ウィレット B.スネデカー 11:09 PM 松山英樹 A.スコット  K.スタンリー 01:54 AM 今平周吾 K.キズナー  K.アピバンラット 02:27 AM 小平 智  B.ワトソン  P.キャントレー # マスターズ

マスターズ最終日優勝は誰の手に?

マスターズ最終日 モリナリ・シンプソン・ウーストヘイゼン・DJが勝てばメジャー2勝目。(いずれもマスターズは初) フィナウ・ポールター・クーチャー・ハーディング・シャウフェレが勝てば初メジャー。 ケプカが勝てばメジャー4勝目でGスラム王手。 が勝つとマスターズV5&メジャー15勝目❗️

4月14日時点でのスコアランキング

1フランチェスコ・モリナリ-133E
T2ブルックス・ケプカ-113-1
T2トニー・フィナウ-112E
T2タイガー・ウッズ-112E
T5ザンダー・シャウフェレ-94-1
T5ウェブ・シンプソン-93E

マスターズ最終日結果は日本時間で15日の3:00頃

マスターズ最終日、タイガースタート!! デシャンボー、16番でエース出してる。 pic.twitter.com/RXgz5tBIyl

メジャー第1戦◇マスターズ 最終日(14日)◇オーガスタナショナルGC(ジョージア州)7475yd(パー72)

グリーンジャケットをめぐる最終18ホールの戦いが曇り空の下、始まった。日本勢では、3日目を終えて通算1アンダーとしたアマチュアの金谷拓実(東北福祉大3年)が午前7時41分(日本時間午後8時41分)に先陣を切り、スタートホールのイン10番で2打目を右に曲げてボギー発進とした。

2011年の松山英樹以来のローアマチュア獲得を目指す。

予想される悪天候対策のため、大会史上初めての3サム2ウェイでの最終ラウンドとなる。首位に立つのは、2018年「全英オープン」覇者のフランチェスコ・モリナリ(イタリア)。通算13アンダーとして、後続に2打差をつけている。

11年ぶりのメジャー制覇をかけるタイガー・ウッズ、トニー・フィナウが通算11アンダーで追う。最終組3人のティオフは午前9時20分(日本時間午後10時20分)だ。順調に進めば、勝負が決着するのは日本時間15日午前3時前後の見通しだ。

通算3アンダーの25位で最終日を迎えた松山は午前7時52分(日本時間午後8時52分)に1番、通算2オーバー50位の小平智は午前8時36分(同9時36分)に10番から、それぞれスタートする。

マスターズ史上発!最終日は天候対策でアウトインスタート

メジャー第1戦◇マスターズ 3日目(13日)◇オーガスタナショナルGC(ジョージア州)7475yd(パー72)

2019年のメジャー第1戦の最終日(14日)は悪天候の予報により、試合進行に関して異例の措置をとった。決勝ラウンドは通常、2人ずつに分かれた全組が1番からスタートするが、大会史上初めて最終ラウンドで1組に3人が入り、1番と10番からプレーを開始する。ティオフ時刻も大幅に前倒しされ、第1組は午前7時半(日本時間午後8時半)、最終組は午前9時20分に出る。

予報では14日(日)午後の降水確率は80%、雷雨や暴風雨の恐れがある。大会チェアマンのフレッド・リドリー氏は「コースにいるすべての人々の安全を最優先させる。スタートを早めることは、日曜日にマスターズを完了するための最善策だと考えている。この決断は選手やパトロン、世界中で観戦しているファンにとって有益のはず」とコメント。空模様が悪化する前、午後2時半(同15日の午前3時半)ごろの全組終了を目指すとみられる。

開始ホールを成績順で1番と10番に分ける“2ティスタート”は、過去に5ラウンド、2005年大会は3日目までの各ラウンドで実施された。最終ラウンドは今大会が初めて。なお、大会の終了が、月曜日に持ち越されたのは1983年が最後となる。

今大会は決勝ラウンドに歴代最多の65人が進出した。2013年以降、予選ラウンド36ホールを終え、50位タイまでか首位と10打差以内という独自のカットラインを設けている。

2打差の2位タイで最終ラウンドを迎えるタイガー・ウッズは、「予報では風速15マイル(約6.7m/s)から20マイル(約8.9m/s)の風が吹くらしい」と荒天を警戒しながら、「いつもなら、良いプレーをすると、日曜日のプレーまでよく眠れるはずなんだけどそうはいかない。早く起きて準備をしなくちゃいけない」と帰りを急いだ。

松山ら3人決勝Rへ ウッズ1打差の6位に

【オーガスタ(米ジョージア州)共同】男子ゴルフのメジャー第1戦、マスターズ・トーナメントは12日、米ジョージア州のオーガスタ・ナショナルGC(パー72)で第2ラウンドが行われ、63位で出た松山英樹と小平智はともに5バーディー、3ボギーの70で回り通算1オーバー、145の46位で決勝ラウンドに進んだ。首位とは8打差。

アマチュアで初出場の20歳、金谷拓実(東北福祉大)は74と落としたが通算3オーバーの57位でぎりぎり予選を通過。
今平周吾は6オーバーで予選落ちした。

66をマークしたルイ・ウェストヘーゼン(南アフリカ)、67だったジェーソン・デー(オーストラリア)、首位から出たブルックス・ケプカ(米国)ら5人が通算7アンダーで首位。
11年ぶりのメジャー優勝を目指すタイガー・ウッズは68で回り、ダスティン・ジョンソン(ともに米国)らと1打差の6位に並んだ。

マスターズ最終日!丸わかり実況の山内鈴蘭ちゃんがかわいい♡

マスターズ最終日!!! まるわかり実況トークLIVE この後、23時〜はじまります♥️ #まるわかりマスターズ で沢山つぶやいてね♥️♥️♥️♥️ pic.twitter.com/aDrdAD30aN

2019年マスターズゴルフ日本人選手のスコアまとめ

2019年マスターズゴルフパワーランキング

2019年マスターズゴルフ初日の速報

日本時間00:21速報 金谷拓実が快進撃!

2019年マスターズゴルフ2日目の速報

1 2