1. まとめトップ

富士通45歳以上のリストラが話題!海外の移民人材なら3分の1の給料で優秀。

富士通45歳以上のリストラが話題になっています。バブルの頃に入社した社員が何も出来ないのに高給取りになってしまっており、その社員をリストラしないと経営が成り立たなくなってしまってきているのです。海外から安くて優秀な人材を受け入れないと企業が生き残れません。

更新日: 2019年04月14日

0 お気に入り 1363 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

misukiruさん

◆富士通のリストラ嵐

富士通は先月、間接部門から営業・エンジニアへの転籍で2,850人もの早期退職者が出ることを発表したばかりですが、リストラの波は間接部門だけでは終わりそうにはありません。

約5000人のうち、2850人が退職。2000人強が配置転換。つまり、半分以上の人が配置転換を拒否し転職したという結果です。

◆45歳以上がリストラのターゲット

45歳以上をリストラのターゲットとしている大きな要因は、45歳を超えて組織職(マネージャー)になれていない人達は、定年退職するまで平社員で居続ける可能性が非常に高いです。

成功するコツは執念。五年、十年かかろうと執念を燃やし続けることだ。 小林大祐(富士通相談役)

学生の頃、エンジニアならIBMやORACLE、国内ならNTTかNECか富士通に就職することが一つの目標だった。でもそれらは時代の変化で、今はGoogleやAmazon、ソフトバンクや楽天やDeNAに変わってきた。きっと10年後はまた違う形になってるんだと思う。良い会社に転職していく主体性がなにより必要だと思う。

中高年のひきこもりとリストラ 先日富士通が希望退職者募ってたけど45歳からだって それで70まで働け 富士通だけでない コカコーラとかまだほかにもある 働き盛りで給料が高いのが理由なのか なら上層部が一番給料高くて年なんだから総退陣すればと思ったわ

1