働き方改革導入により困っていることを聞くと、最も多かったのは「働ける時間が短くなったのに、業務量が以前のままのため、仕事が終わらない」(41.5%)だった。

出典【時短ハラスメント】ビジネスパーソンの8割が"働き方改革"導入で悩んでいる「業務量は変わらないから | ニコニコニュース

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

有給取って自宅で仕事!働き方改革で時短ハラスメント(ジタハラ)被害が増える

働き方改革で労働時間の上限を規制した。ジタハラとは「時短ハラスメント」の略。残業時間削減の具体策がないまま、「残業をするな」「定時に帰れ」などと社員に退社を強要すること。

このまとめを見る