えっ意外…!平成から連載してた「名作マンガ」【女子編】

これ、平成から連載されてたの…!?ギリ昭和だと思ってた!という超懐かしいマンガを集めてみました!これをみたら読み返したくなること間違いなし~~!

更新日: 2019年04月18日

30 お気に入り 55279 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

意外にも平成生まれだったマンガたち

著:彩花みん

平成4年から平成12年まで連載。全13巻。

現在、続編の「赤ずきんチャチャN」がCookieにて連載中。既刊4巻。

へぼな魔法使いの弟子・チャチャとおおかみ男のリーヤ、かしこいしいねちゃん。世界一の魔法使いの先生に対抗心を燃やすどろしーちゃん、実は二人には因縁があって…などなど、もう大笑いな漫画

実家で赤ずきんチャチャ読み返してる。懐かしい。面白い。ポピィ君、いまでも好きだな。

著:さくらももこ

平成6年から平成9年まで連載。全4巻。

シュールさあふれるマンガ。読んだことある人も、読んだことない人も読んでほしい作品。

"深読みしようと思えばどこまでも深い"コジコジのキャラクター と相まって、男児&女児から大人まで楽しめる豊かな作品世界が展開されていく

一話一話の内容がとても濃く、時に笑い疲れて読むのに少し時間がかかりました。ほのぼのの中に毒が少し、とても好きな作品

ゆううつってなに? たべもの?

公式Twitter botの世界観もすばらしい~!

子供の頃、あこがれのキャラいたよね

著:武内直子

平成4年から平成9年まで連載。完全版は全10巻。

平成生まれの大人女子が幼少期にアニメなどで見てたのでは?影響されておもちゃ買ったなあ…

生誕25周年を超えた今も輝き続ける「美少女戦士セーラームーン」。全世界が注目する少女漫画の金字塔

この作品の源には愛すべき主人公、ひいてはこの作品自体の強烈な個性があります。ダメなところも含めた個性を愛すること。常識に負けないこと

著:CLAMP

平成5年から平成7年まで連載。全3巻。

続編の「魔法騎士レイアース2」は完結済み。全3巻。CLAMPの作る、壮大な世界観と美しい絵に引き込まれる!

社会見学にやってきた東京タワーで、突然異世界・セフィーロのエメロード姫に招喚された光・海・風。捕われの身となった姫を救うために、伝説の「魔法騎士」になった3人の少女の運命は!?

CLAMPが贈るネオRPGアドベンチャー。

綺麗な絵と世界に当時はびっくりした。少女マンガだけどしっかりとした世界観とストーリー、個性的なキャラクターが魅力的

私、CLAMPはレイアース世代で、初めて読んだCLAMP作であり、小学生で読んでエメロード姫の本心に衝撃を受けて、この世界の在り方そのものに疑問を持つ、という作品に驚いて、初めて小学生ながらに自分のいる世界とか他者と自己についてとかを意識して、思春期のきっかけになった作品の一つなんですよね

著:CLAMP

平成8年から平成12年まで連載。全12巻。

現在「カードキャプターさくら クリアカード編」が連載中。既刊6巻。
さくらの毎回変わる衣装がかわいかったなあ…クロウカードも買ってもらってたな…!

無敵の呪文「絶対だいじょうぶだよ」は時々唱えたくなりますね。魔力とかクロウカードとか、そういうファンタジー要素の魅力と人間ドラマとしての魅力と、いい案配の作品です

アニメだけの方は原作もおすすめ。

この作品は「可愛い」がたくさん詰まっています。絵柄はもちろん、桜や友達の恋、毎回変わる桜のバトルコスチューム、封印の獣のケロちゃん、クロウカードのカギ(魔法の杖)などなど

著:種村有菜

平成10年から平成12年まで連載。全7巻(単行本)。

普通の単なる恋愛アクション漫画じゃないからハマる女子続出…!

ジャンヌ・ダルクの生まれ変わりである、日下部まろんが、神のために怪盗ジャンヌに変身する話。まろんと一緒にいる天使のフィンがとっても可愛く、ギャグもなかなかで楽しく読めます

いろいろなことを考えさせられる漫画。

種村有菜さんの絵は幼き頃の淡い恋への憧憬を思い出すので、ぶるぶる心が揺れている。神風怪盗ジャンヌ。話が進むごとに深いテーマになるので驚いたのと、もう内容忘れちゃったけど、感動した事思い出した〜。懐かしいなあ

実写化でも大人気な名作が勢揃い

著:多田かおる

平成2年から平成11年まで連載。作者が事故により急逝のため未完。全23巻。

世界をキュンキュンさせた超名作。日本はもちろん、韓国、台湾、タイにてドラマ化している。

ドジだけど憎めない可愛い主人公琴子が恋しているのはクールな秀才、入江直樹。最初はぜんぜん相手にされない琴子ですが彼女の明るさ素直さや一途な思いにだんだん心を開いてくれる入江君

回を重ねるごとの彼の微妙な心の変化が嬉しい&楽しい。

最終巻のあのコマでの未完状態を思うと読み進めるのが寂しくなりますが、やっぱりすごく楽しい漫画

イタズラなKissほど結末が気になった漫画はないな

著:神尾葉子

平成4年から平成16年まで連載。全37巻。

老若男女に愛される名作。台湾、韓国、中国でも実写化。さらに、2019年6月から7月に宝塚版の舞台が上演予定。

暴力で自分の孤独感やイライラを晴らすことしかできなかった道明寺が、つくしと出会って愛に包まれることによって、本来持っていた優しさ、純粋さなどを取り戻し、人間らしく成長する

その過程がすごく自然なのですが、心に強く訴えかけてくるものがある。

おばさんになった今でも、初めて読んだあの頃のきゅんきゅんした気持ちが蘇る。 惹かれるのは道明寺、一緒にいたいのは花沢類

1 2