1. まとめトップ

ピート・ブティジェッジ氏はトランプに勝つ?!ゲイを公言し結婚し8ケ国語が話せるなどの天才だ。

Pete Buttigiegピート・ブティジェッジ。2020年米アメリカ大統領選出馬。インディアナ州サウスベンド市長。LGB同性愛者。教師Chasten氏と結婚。トランプ大統領・オバマ前大統領・カヨ・タテベ・ピアノ・名前・ブティジェージ・ブティジャッジ・バティジーグ・ヒラリー・クリントン・アイオワ州

更新日: 2019年11月25日

1 お気に入り 5198 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

Pete Buttigiegピート・ブティジェッジ氏Boot-Edge-Edge、2020年アメリカ大統領選に正式出馬。名前が読めないブティジェッジ・ブティジェージ・ブティジャッジ・バティジーグ

花が好きさん

アメリカ大統領選挙

米国大統領選挙に向けて、保守派が支えるトランプ大統領とリベラル左派が支える民主党候補者らの亀裂が深まり、米国人は自らの国がアイデンティティー政治によって徹底的に分断されていくプロセスを受け入れざるを得ない状況に陥っている。

中道派のバイデン元副大統領がウクライナ疑惑で信用を失い、政治活動資金にも問題を抱え始めている中、米国の左右どちらにも偏り過ぎていない有権者が新たに別の候補者を模索する動きをしてもおかしくない状況となっている

ヒラリー・クリントン

[日本経済新聞] 米大統領選、民主党深まる混迷 クリントン氏「出ないとは言わない」 nikkei.com/article/DGXMZO…

ヒラリー・クリントン元米国務長官は11月12日、BBCのラジオ番組に出演し、2020年のアメリカ大統領選挙に立候補しドナルド・トランプ大統領と戦うよう求める「大きな圧力を感じている」と語った。
クリントン氏は、立候補の可能性を否定せず「絶対にないとは絶対に言わない」と話した。

””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””

▼Pete Buttigiegピート・ブティジェッジ/ブティジェージ/ブティジャッジ

ブティジェッジ氏は、2019年6月末までに、およそ3200万ドル、日本円にして34億円あまりにのぼる選挙資金を集めた。

https://www3.nhk.or.jp/news/special/presidential-election_2020/profile/pete-buttigieg.html
ピート・ブティジェッジ氏は、中西部インディアナ州サウスベンド市の出身。
ここの市長を務めていて、現在、2期目。
アメリカ人でも名前が発音しにくいため、「ピート市長」と呼ばれている。
大統領選挙に立候補したのは、2019年4月。
立候補を表明している候補の中で最年少。
名門のハーバード大学やオックスフォード大学を卒業。
その後、コンサルタント会社に就職した後、政界に進出。
市長在任中には従軍して、アフガニスタンへの7か月間の派兵も経験した。
スペイン語やノルウェー語など8か国語を話す。
同性愛者であることを公言し、夫とともに選挙活動を展開していて、民主党からは、初めての同性愛者の大統領候補。
また、敬けんなカトリック教徒でもある。こうした生い立ちや経歴、政策上の立ち位置などから、比較的、幅広い層からの支持を獲得できるのではないかという見方もある。
ピアノやギターを弾き、地元のオーケストラでピアノ演奏を披露したこともあるほどの腕前。
トランプ大統領は、ブティジェッジ氏のことをアメリカの風刺雑誌のキャラクターに似ているとして「アルフレッド・E・ニューマン」とあだ名をつけ、「絶対に大統領になることはない」と一蹴している。
ブティジェッジ氏は、2019年6月末までに、およそ3200万ドル、日本円にして34億円あまりにのぼる選挙資金を集めた。

ピート・ブティジェッジ/ブティジェージ/ブティジャッジ

2020年米大統領選の民主党指名候補争いで今、最もホットな人物はピート・ブティジェッジ氏だ。

ブルームバーグ氏、米大統領選の民主党指名争いに出馬表明

ブルームバーグ氏は、リベラル派のエリザベス・ウォーレン上院議員やバーニー・サンダース上院議員に代わる勢力として、同じ中道派のバイデン前副大統領やインディアナ州サウスベンド市長のピート・ブティジェッジ氏と支持を競うことになる。

ブティジェッジ氏をガンドラック氏称賛、ウォール街で注目度アップ

2020年米大統領選の民主党候補指名を争うピート・ブティジェッジ氏。この37歳のインディアナ州サウスベンド市長に注目する著名人が、ウォール街で増えている。ダブルライン・キャピタルのジェフリー・ガンドラック最高経営責任者(CEO)もその1人だ。

ブティジェッジ氏、激戦アイオワ州で支持率首位

【国際ニュースのポータルサイト】worldupnews.com ブティジェッジ氏、激戦アイオワ州で支持率首位 民主指名争い=調査 epochtimes.jp/2019/11/48974.… #国際ニュース #海外ニュース

調査は、Des Moines RegisterとCNN が11月8日から13日にかけて、民主党党員集会に参加する可能性のある500人を対象に実施。

11月17日に公表された主要世論調査によれば、2020年米大統領選に向けたアイオワ州の民主党候補指名争いで、インディアナ州サウスベンド市のピート・ブティジェッジ市長が一躍支持率トップに躍り出た。

30%が支持者をすでに決定したと回答。前回9月より10%上昇した。

アイオワ州では来年2月3日に候補者選びの初戦となる党員集会が開かれる。

ピート・ブティジェッジという社会実験は成功するのか

1 2 3 4 5