1. まとめトップ

日刊ゲンダイの選挙に関する誤報まとめ

日刊ゲンダイとは、日本のタブロイド紙のひとつで「デマ・捏造・でっちあげ」といった、多くの批判の声があがっている。そんなゲンダイが、選挙において事実と違った情報を流して、国民を扇動しようとしていたことがわかった。

更新日: 2019年04月17日

2 お気に入り 5206 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

反政権と売り上げの為には、どんなに嘘を書いてもかまわないと思っている。それが、日刊ゲンダイ。紙のフェイクまとめサイトだ。

●選挙情勢を捻じ曲げて報道

・北海道知事選で与党候補不利と印象操作

「もともと、地元議員や市町村長会、経済界は、国交省北海道局長の和泉晶裕氏を擁立する意向だった。鈴木氏については『迫力不足』『知事の器ではない』といった評価が大半を占めていたが、いつの間にか鈴木氏擁立が固まってしまった。鈴木氏は、同じ法大出身の菅官房長官の大のお気に入り。地元では『また官邸のご意向か』とみられている。『絶対に鈴木氏のビラは配らない』と憤る関係者もいる。陣営はまとまり切れていない」(道政関係者)

現地で取材するジャーナリストの横田一氏は「『脱原発』を含め、政策論を前面に出す石川氏に対し、鈴木氏は具体的な政策論はほとんどしない。典型的な“争点隠し”で、有権者に見透かされれば、石川氏に追いつかれる可能性は十分にあり得ます」とみる。参院選の前哨戦で、安倍自民が敗北を喫する可能性が高まっているのだ。

★鈴木氏に対してネガティブなことが書かれている。では地元の新聞ではどのように報じられていたのか。

地域別では、鈴木氏が広くリードし、大票田の札幌市で5割以上の支持を得ている。夕張市がある空知管内で引き離し、石川氏の地盤である十勝管内でも上回る。

 職業別では、自営業の7割、主婦の6割が鈴木氏を支持。公務員・団体職員では石川氏が4割を占め、鈴木氏を上回った。

 誰に投票するかについて「決めている」は38%、「だいたい決めている」は23%。「決めていない」は39%だった。

 知事選に関心があると答えた人は81%で、2月23、24日に行った調査の83%と、ほぼ横ばい。「大いに関心がある」34%、「ある程度関心がある」47%で、「あまり関心がない」16%、「全く関心がない」3%だった。

★中間でも、鈴木氏がリードしていることがわかる。そして、知事選の関心度が高いこともわかる。そして、勝利したのは鈴木氏だ。

★これは誤報というよりも、あきらかに扇動目的だ。

・大阪ダブル選で松井新大阪市長が落選危機と報じる

4月7日に行われる「大阪ダブル選挙」。ダブル選を仕掛けた大阪維新が真っ青になっている。もともと、松井一郎知事(55)と吉村洋文市長(43)が揃って辞職し、知事と市長の立場を入れ替えて出馬することに、「政治の私物化だ」「党利党略だ」と批判が殺到していたが、予想以上に評判が悪く、市長選に出馬する松井一郎氏の“落選”の可能性が高まっているのだ。

自民から共産まで、主要政党が“反維新”でまとまっていることも大きいという。とくに、密約をバクロされた公明党は、本気で“維新潰し”に動いている。

「大阪都構想」は住民投票で一度否定されたのに、「信を問う」などと、再び「都構想」を持ち出していることに大阪市民がウンザリしていることや、松井知事は大阪市出身ではなく、八尾市出身だということも、支持が広がらない理由だ。

★これも松井氏がいかにも人気がないと、選挙を扇動していることがわかる。

★大阪府内の世論調査を見てみよう。

大阪府知事・市長のダブル選で、共同通信が実施した出口調査によると、大阪維新の会が実現を目指す「大阪都構想」に賛成と答えたのは大阪市民の57・6%で、反対の40・2%を離した。反対派だった自民党の支持層の48・7%も賛成と答え、大阪維新の公約に一定の理解を示した。

★ゲンダイの報道とは逆に、大阪府民市民、両方ともダブル選に理解を示している。また、都構想においてもウンザリどころか、半数以上が賛成をしている。

★世論調査結果と全く真逆のことを、ゲンダイは報じている。そして、勝利したのは松井氏だ。

・新潟市長選でも自民党敗北と虚報

任期満了にともなう新潟市長選は28日投開票。立候補しているのは4新人で、自民党が支持する前参院議員・中原八一候補(59)、自民党籍のある前市議・吉田孝志候補(56)、立憲民主党など5野党が支援する前市議・小柳聡候補(31)、経済産業省出身・飯野晋候補(45)だ。

 分裂選挙となった自民系2人と野党統一候補の三つ巴の戦いが繰り広げられてきたが、最終盤になって中原氏が“脱落”したようなのだ。

「告示直後までは、中原、吉田、小柳の3氏のデッドヒートでしたが、ここへきて期日前投票でも差が出てきて、吉田VS小柳の戦いになっています。26日に行われた中原氏の最後の個人演説会は“お通夜”のようでした。安倍官邸もサジを投げたみたいです」

★「中原氏が脱落」などと報道されては、支持者も投票前から諦めムードになるだろう。

★選挙結果を見てみよう。

1 2