1. まとめトップ

京都府立洛西高校の偏差値や倍率と評判は高い?合格最低点や内申点の基準は?口コミや校風、教育方針

京都府洛西高等学校の偏差値や難易度はどれくらいか?倍率や合格最低点、内申点の基準はどうなっている?評判や口コミ、校風と教育方針について書いてみました。

更新日: 2019年04月18日

1 お気に入り 863 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

denkiirukaさん

京都府立洛西高等学校の校風や偏差値は?

【所在地・アクセス】

京都府京都市西京区大原野西境谷町1丁目12-1・2

阪急京都線桂駅からバスで20分程度です。予備校や学習塾に通うとなると少し遠い印象です。
自転車通学の生徒や阪急桂駅、洛西口駅からバスで通学する生徒が多いです。

【偏差値】
Ⅱ類理数・・・64
Ⅱ類人文・・・62
Ⅰ類・・・・・・・47

Ⅱ類理数クラスは早朝補習など高校からの手厚い指導が受けられると評判です。

高い進学実績はご覧のとおりですが、部活動や学校行事にも力を入れているのが洛西高校の特色です。洛西高校の吹奏楽部は京都市内でも強豪校の一つです。また洛西高校の文化祭「洛西フェスティバル」にかなり力を入れています。夏休みの終わりから2週間かけて準備され、3日間にわたり、演劇や仮装の出来をクラスごとに競うもので、上位クラスはオープンフェスティバルでホテルを貸し切って一般公開されるほどの力の入れようです。

また部活動や学校行事に頑張る一方で洛西高校は大学進学に対する意識が高く、補習などにも積極的に参加する生徒が多いそうです。また京都駅周辺や四条烏丸の予備校に個人で通う生徒もいるそうで、学習意欲が高い生徒が多いです。

京都府立洛西高校の偏差値はどうなっているのでしょうか?京都府立洛西高校の偏差値は53程度なので、そこまですごい高いわけではありません。京都府立洛西高校の難易度を理解するときには偏差値がまず重要なので、こういった数字は特にチェックしておきましょう。京都府立洛西高校の偏差値を理解したら、倍率なども調べておくと良いと思います。京都府立洛西高校の評判も重要なので、校風や教育方針に関してもチェックしておくと良いです。京都府立洛西高校の内申点の基準とか、京都府立洛西高校の面接で聞かれることや志望動機なども把握しておくと良いと思います。まずは京都府立洛西高校の偏差値を頭に入れてから、対策をしてほしいと思います。

京都府立洛西高等学校の倍率や合格最低点は?

京都府立洛西高校の倍率はどうなっているのか?というと、前期が3倍弱、中期が1.2倍前後と言った感じです。京都府立洛西高校の倍率としてはそういう感じなので、傾向を覚えておいてほしいです。ただ、京都府立洛西高校の倍率は変化があるので、そこも考慮しておきましょう。京都府立洛西高校の倍率に関して調べたら、合格最低点も知っておきましょう。京都府立洛西高校の合格最低点は過去問を解く際に必要になりますから。京都府立洛西高校の合格最低点は310点前後となっていますが、こういう合格最低点も変動するのでそこは頭に入れておいてほしいと思います。京都府立洛西高校の偏差値とは別にこういった難易度に関する情報も調べておきましょう。

京都府立洛西高等学校の教育方針やカリキュラムは?

豊かな未来をつくるため,社会に貢献し確かな見通しを持って主体的に行動する,創造力あふれる心豊かな人間を育成する。

(1)「明朗なる真昼の精神」を基調として,公正にして明朗な校風を樹立し、日々清新にして充実した学校生活を創造する。

(2)生活のルールを確立し,人間尊重・相互信頼の基盤に立って,個人及び集団の向上を図る。

(3)健康・体力を増進し,勤労の価値と喜びを体得するとともに,進んで集団の中の役割と責任を分担し,協力・奉仕の精神を養う。

(4)自主独立の精神に徹し,自ら学び自ら鍛えて個性・能力を伸ばすとともに,知・徳・体の調和のとれた人格形成に努める。

(5)社会に対する認識を深めるとともに,国際的視野をもって未来を切り開く能力を育成する。

京都府立洛西高校の校風や教育方針についても調べておいて、京都府立洛西高校の難易度とは別に学校の雰囲気を調べておきましょう。京都府立洛西高校の内申点の基準も気になりますけど、京都府立洛西高校の内申点の基準はデータが見つかりません。京都府立洛西高校の面接で聞かれることや志望動機といったことも必要になる可能性があります。面接試験の有無も調べておきましょう。京都府立洛西高校の出題傾向やレベルも重要なので、京都府の公立高校の出題傾向やレベルも調べておきましょう。京都府立洛西高校の評判として口コミを見ておくと良いと思います。

京都府立洛西高等学校の評判や口コミは?

まず学力についてですが、自称進学校のレベルにすら達してないただの高校、一部賢い人が居るが、高校生とは思えないような学力の人もいる、発展クラスと標準クラス(二年からは文系発展、標準、理系発展に分かれる)があるが、民度の差がひどい、標準の一部には賢い人が居るが、かなりの少数で他はよく高校受かったなと思うレベルである、発展は概ね賢いが、そうでない人も居る、もし洛西を志望しているのであれば、発展コースを志望することをお勧めします、標準コースは動物園です。通学は坂がきつすぎて電動自転車以外での通学はもはや修行です。校内は公立にしては比較的綺麗で、中庭もあり、悪くないです。ヤンキーは居ないです。先生はいい先生もいますし、時代錯誤の人も居ます、ただ、いい先生は少ないように感じます。

校則は優しいです、髪の毛は染めない限りおしゃれを楽しんでも大丈夫だと思います。ピアスは禁止です、スマホの持ち込みも可能なので授業中に使わなければ、ゲームでもなんでもしていいです、ただsnsへの個人情報の書き込みなどをした場合は呼び出しをくらいます、ツイッターになんとか中学校出身→洛西高校とか書いてると、消すように注意されます、

各部活は頑張って成績を残して居ると思います。
何気そのスポーツで強い人が多く文武両道とか言いつつ勉強ばっかりさせるのでせっかくのスポーツ面でとても優れてる選手なのにレベルを学校が落としてる気がしました。ただ、頑張って成績を残す生徒が多いです。

二年生からの理数発展、文系発展、文系標準に分けられる所が大学どこに行くかの分岐点と言っても過言ではないです。私は理数発展に行って国公立に行くことができましたが標準では国公立は行けない、もしくは行きにくいと思います。発展と標準で先生の態度などが違うように感じました。また勉強の内容も全く違うので後々考えると勉強させる環境にある発展にいた方が良かったと個人的には思います。部活動の両立については入る部活によると思いますが一応勉強時間はとってくれます。ただ、疲れていたり休みが少ないこともあり私はあまり勉強しませんでしたがまじめに課題をして授業をある程度聞けばいけると思います。受験期には本当に先生方に質問しに行きやすい環境だと思うので塾にはいかなかったですけど学校に残って自習すれば大丈夫だと思います。

京都府立洛西高校の評判はどうなっているのか?京都府立洛西高校の口コミが重要なので、そういった口コミから校風や教育方針をチェックしましょう。京都府立洛西高校の評判としては部活動や進学実績などが気になると思います。京都府立洛西高校の部活動に関しては事前に見学をしておくと良いと思います。そして、進学実績は卒業後の進路にかかわるので、京都府立洛西高校の口コミは別にチェックすると良いです。京都府立洛西高校の評判として進学実績を含めて理解しておくと良いのではないか?と思います。京都府立洛西高校の難易度に関する情報のみではなくて、いろいろな角度から学校の特徴について調べておきましょう。

1