1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

この記事は私がまとめました

canty0628さん

▼80年代、一世風靡したアイドルグループ「Wink」の

1988年4月、高校卒業後に鈴木早智子とWinkを結成し、CX系ドラマ『熱っぽいの!』主題歌「Sugar Baby Love」で歌手デビュー。

2000年TBSドラマ「女子刑務所東三号棟2」に出演し、役者としても活躍。2003年映画「許されざる者」、「17才 旅立ちのふたり」に出演。

そんな「Wink」の活動について

もともとあがり症で、当初は作詞・作曲などの裏方への憧れを持っていたという相田だったが、88年に鈴木早智子とのデュオWinkとして歌手デビューをすることに。

相田曰く「2人組ならこんな私でもできるかなと思って…」とデビュー当時の心境を明かした。

無表情で歌っていた理由を「緊張したまんま表情も作れないし。『アイドルスマイル』って、会社の社長さんには『もっと鏡みて勉強しろ』って怒られて」と明かしていた。

「(社長の)愛情なんですけど、ひとりでやるのは無理無理無理無理ってなって。私はやめさしていただきます、引退させて頂きます、みたいになって、直談判して泣いて、レコード会社、事務所に土下座しにいって」と引退を懇願したことを告白。

その際にレコード会社から作詞作曲活動を提案され、2年間休業。「曲ばっかりかいてた」と、アルバム2枚、シングル2枚出して、充実した日々を送っていたという。

若いうちは自分の行動を自分で決められないことも多いですね。 相田翔子 泣いて土下座して引退懇願…Wink解散時「ひとりでは無理無理無理無理」(デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190324-… @YahooNewsTopics

相田翔子さんが先日のボクらの時代で「Wink解散後に引退したくて泣きながら事務所へ土下座した事がある」って話してるのを聞いて、相田翔子オフィシャルブログ『こんな翔子に誰がした?』のタイトルが急に怖くなってきたな。

▼塩対応で話題となった

握手会でのファンへのそっけない態度が「塩対応」と呼ばれ、バラエティ番組などでも取り上げられて広く知られるようになる。

アイドル時代は言えなかったけど・・・

「すごくモテたくて、いろんな男の人から告白されてみたい」と島崎は笑顔を浮かべYouTubeなどでモテ仕草を研究していることを明かした。

有吉が「芸能界で口説いてきた人はいないんですか?」と質問すると島崎は「ゴハンはあります」と答え「ウーマンラッシュアワーの村本さん」と実名を明かすとスタジオからは笑いが。

村本から“2人きりでお寿司屋さんに行かない?”と誘われたという島崎は「怖くなって秋元(康)さんに相談して…」と話すと、有吉は爆笑。

秋元から「村本なら大丈夫じゃない?」というアドバイスを得て、村本との食事に臨んだという。

有吉反省会に出演した時の島崎遥香ちゃんが話してた、ウーマンラッシュアワーの村本に2人きりでお寿司を食べようと誘われたんだけど怖くなって秋元さんに相談したあとで行くのを決めたって話が好き。

これ、村本さんを非難する程のものでない ぱるるに悪意はないし、エピソードも村本さんらしいし、 秋元さんに事前相談されてるオチがついてるし #島崎遥香 #ぱるる #有吉反省会 “晒されてダサい” 島崎遥香を食事に誘ったウーマン村本にファンからの非難殺到 netallica.yahoo.co.jp/news/20190404-… #ネタりか

1 2