1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

この記事は私がまとめました

senegirlsさん

会社の電話に出ない若者たち

「僕の仕事はフリーランスの人と関わる機会が多いのですが、仕事相手の20代の男性は、急用で電話してもほぼ100%の確率で出ない」

スマホ世代の若者は、固定電話に出ることに慣れていない

たまに家の固定電話に着信があっても、それは親に用事があるケースがほとんどだから、親が出るとのことだ。

電話での犯罪から子どもを守る方法として、例えばNTTドコモでは非通知の電話はつながらないサービスなどを展開していますが、最終的には「子どもに固定電話を取らせない」という対策が最もシンプル

電話に出る前に「誰からの電話かわからない」のが恐いという

(スマホの場合は)電話番号さえ登録していれば相手が誰だかわかるので電話への緊張のハードルがありません。

これが会社になると新入社員の場合、自分あての電話はまずありません。次に電話の相手が顧客、取引先、納入業者などなど様々で一定の丁寧な対応を要求されます。

テキスト文化で育ったため、口頭で敬語を話すことに慣れていない

「テキストならできるのだけど、電話で喋るとなると何と言ってよいかわからない」は人間が人間としての能力の一つである言葉を発するという基本的動作が退化しているともいえるのです。

アルバイトなどでしごかれた(?)経験のある一部の人を除いて、学生時代に正しい敬語を鍛える機会がない。

より丁寧に言おうとして、身内に「お帰りになられました」というような敬語を使う。しかも二重敬語。方角や選択肢を示す場面ではないときに「ほう」と言ってしまう

上の世代からは「臨機応変な対応ができない」との声も

ゆとり世代はインターネットを使いこなしてきた世代で、わからないことはすぐに調べます。その結果、自分で考えることをしなくなり、困ればすぐに「わかりません」と答えます。

基本的には上司の指示を待ち、言われたことをやるだけなので、トラブルやアクシデントがあった時も臨機応変に対応することできません。

ゆとりに「会議中は誰も中にいれるな、電話もつなぐな」と言っておいた。そうしたら社長が緊急の要件で会議室にいる役員を呼べと電話してきたが、ゆとりは「今、会議中です」と断ったらしい(笑)

後で聞いた役員が、ゆとりに「どうして社長の電話をつながなかったんだ」と叱った。それに対してゆとりは「誰にもつなぐなと言っていましたよね」と言う。

最近の若者は、自分のペースを守りたい意識が強いそう

苦手意識、恐怖心から行動しない背景には、自分のペースでやり続けたいという彼らの潜在的な思いがあるようです。

「突然電話がかかってきても、出る気になりませんね。そっちは俺と話したいのかもしれないけど、こっちは話したくないですし」

1 2