1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

この記事は私がまとめました

senegirlsさん

GWは旅行に出かける人が多い

日本人がよく被害にあっているのが「メトロカード詐欺」

ニューヨーク州都市交通局(MTA)はこのほど、地下鉄の運賃支払いの際に使われるメトロカードをめぐる詐欺事件が横行しているとして、市民に注意を呼び掛けている。

まず1カ月乗り放題のメトロカードを大量に購入し、次にカード販売機を破壊して機械を使用不能にする。

犯罪集団は改札や販売機を破壊→通れずにいる観光客に話しかける

24時間使い放題のワンデーパスを買って改札を通ろうとしたところ、何度スワイプしても通れず困っていた。そこに地下鉄職員風の男が現れ「どうしましたか?」と言って、女性のメトロカードを取り上げ、別の改札をスワイプしたという。

NY地下鉄は23年までにメトロカードを廃止するが・・・

スマートフォンのApple PayやAndroid Pay、非接触型の銀行カード、またはMTAの新型カードなどを使い、ワンタップで支払いを済ますことができるようになる。

計画によれば、Cubicは2019年初めまでにスマートフォンと非接触型カード用の支払いシステムの運用を開始する。2020年の秋までには全ての市バスと地下鉄に導入される予定だ。

また、ヨーロッパで被害が相次いでいるのが・・・

「トモダチ~」など片言の日本語や「ナガトモ~」など日本人サッカー選手の名前を叫びながら親しげに近づいてきます。

そして「トモダチ」「マイフレンド」などと言いながら、勝手に手首にミサンガを巻き付け、かた結びに。

「トモダチ〜」「ナガトモ〜」などと親しげに話しかけてくる

「プレゼントしてくれるのかな」などと喜ぶ旅行者に、突然「はい10ユーロ。ミサンガ代だよ」などと、お金を要求する卑劣な手口

怪しい人を見かけたら・・・

ミサンガ売りらしき人々をみかけたら、とにかくミサンガを巻かれないようにポケットに手を入れて、目を合わせないようにズンズンと前に進むしかない。

海外で観光中にミサンガ売りと遭遇した場合、まずは相手にしないのが得策。目が合って「ナガトモー」「ホンダー」と言ってくるのは大抵怪しいやつです。

さらに、ベトナムでは・・・

ハノイ市やホーチミン市では、外国人観光客を狙った強引な靴磨きサービスが見かけられる。

1 2